マザーズ指数は反落、一時プラス圏を回復するも買いは続かず/マザーズ市況

2019年4月22日 15:59

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*15:59JST マザーズ指数は反落、一時プラス圏を回復するも買いは続かず
 本日のマザーズ指数は反落となった。朝方は売り一巡後に切り返して一時プラス圏に浮上する局面も。しかし、主力、新興市場ともに積極的な買いが入りにくい状況のなか、買いは続かずマザーズ指数は前場中頃に再びマイナス圏に沈んだ。後場は大引けにかけてやや戻りを見せたものの、全体としては終日方向感に欠ける展開となった。なお、マザーズ指数は反落、売買代金は概算で1280.91億円。騰落数は、値上がり99銘柄、値下がり176銘柄、変わらず6銘柄となった。
 個別では、6.9%安となったサンバイオ<4592>がマザーズ売買代金トップにランクイン。また、オンコリス<4588>、窪田製薬<4596>、そーせい<4565>などバイオ関連株の値下がりが目立った。その他、HEROZ<4382>、ALBERT<3906>、キャンバス<4575>、ヴィッツ<4440>、CRI・MW<3698>などが売りに押される展開に。一方、任天堂<7974>とともにスマートフォンサービス「スマプラス」を共同開発したことが引き続き材料視されたはてな<3930>が急伸。海外子会社が香港証券取引所メインボード市場に上場申請したと発表したGNI<2160>も大幅高。その他、日本ホスピス<7061>、AppBank<6177>、マネーフォワード<3994>などが買われた。《FA》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型「KATANA」。(画像:スズキ発表資料より)
  • 金農パンケーキ~ブルーベリー&ホイップクリーム~。(画像:ローソン発表資料より)
  • ポーランドのワルシャワにあるニコラウス・コペルニクスの像。
  • 米月周回無人衛星「ルナー・リコネサンス・オービター 」が撮影した月の裏側 (c) NASA/GSFC/Arizona State University
  • ファイナルファンタジーXIVウエディングオリジナル演出。4K対応の大迫力スクリーンの前で、オリジナル証明書へのサイン。(画像:ブライダルハート発表資料より)
  • SBXC039。(画像:セイコーウオッチ発表資料より)
  • 「派遣BOARD」のイメージ。(画像: ハケンボード発表資料より)
  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース