京写が出直り強める、減額修正後も株価底堅く今期見通しなどに期待再燃の見方

2019年4月22日 13:31

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■自動運転システムや「5G」設備などへの拡大が注目される

 京写<6837>(JQS)は4月22日の後場寄り後に5%高の384円(17円高)まで上げ、再び出直りを強めている。プリント配線基板の片面タイプでは最大手で、2019年3月決算の発表を4月26日に予定。自動運転システムや「5G」設備にも関連するため、今期の見通しなどに期待が再燃したとの見方が出ている。

 3月決算の見通しは、銅箔など主材料価格の上昇に製品価格の改定が追いつかない面があるようで、3月15日に見通しを全体に減額修正した。親会社に帰属する純利益は従来予想を44%引き下げて2.80億円の見込み(前期比では24.7%減)とした。しかし、株価はその後も一時350円を割る場面があっただけで横ばい相場を続け、このところは日々の下値をセリ上げている。同社は以前から車載機器向けの需要が旺盛であり、ADAS(先進運転支援システム)向けへの展開は早い可能性が言われている。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ヒーハイスト精工は調整一巡して反発期待、19年3月期2Q累計減益だが進捗率順調(2018/11/15)
プロレド・パートナーズは、18年10月期大幅増益で成長続く、7000円割れを下値に上値試す(2018/11/01)
ラ・アトレは出直り期待、18年12月期利益・配当予想を上方修正(2018/11/15)
リーガル不動産は総合不動産開発企業として業容拡大、下値に買い入る(2018/10/31)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
 

広告

ピックアップ 注目ニュース