橋本良亮、堤真一に泣きエピソードをバラされ「心配かけました」

2019年4月19日 22:37

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

舞台「良い子はみんなご褒美がもらえる」初日前会見がTBS赤坂ACTシアターで行われ、出演者の堤真一、橋本良亮(A.B.C-Z)、小手伸也、シム・ウンギョン、外山誠二、斉藤由貴、ウィル・タケット(演出)が出席した。写真:橋本良亮と堤真一

舞台「良い子はみんなご褒美がもらえる」初日前会見がTBS赤坂ACTシアターで行われ、出演者の堤真一、橋本良亮(A.B.C-Z)、小手伸也、シム・ウンギョン、外山誠二、斉藤由貴、ウィル・タケット(演出)が出席した。写真:橋本良亮と堤真一[写真拡大]

写真の拡大

 舞台「良い子はみんなご褒美がもらえる」初日前会見がTBS赤坂ACTシアターで行われ、出演者の堤真一、橋本良亮(A.B.C-Z)、小手伸也、シム・ウンギョン、外山誠二、斉藤由貴、ウィル・タケット(演出)が出席した。

 ・「良い子はみんなご褒美がもらえる」公開舞台稽古、その他の写真

 本舞台は「自由」と「真実」をテーマに、英国劇作家のトム・ストッパーが書き下ろした人間ドラマ。精神病院の一室を舞台に、誹謗罪で捕まった政治犯の男(堤)と、自分はオーケストラを連れているという妄想に捕らわれた男(橋本)との、想像することの「自由」、信じることの「自由」の物語が描かれる。

 堤と橋本は映画『決算!忠臣蔵』(今冬公開)に続いての共演。互いの印象を聞かれると、堤は「(映画の撮影中)次に舞台を一緒にやるとわかって、最後に飲んだよな。それで『難しい役だし大変だから頑張れよ』と言ったら何か泣き出して」と橋本の泣きエピソードを紹介。さらに、「その時同じホテルに泊まっていて、ホテルに帰ってエレベーターを降りたらこいつが歩いていて。『じゃーな』と言ったらそのまま僕の部屋に入ってきて、『頑張りますから』って。まだ飲むんかなと思っていたら急に『帰ります』というので、『こいつ大丈夫かな』って」と笑いながら詳細を振り返った。

 隣でその話を聞いていた橋本は「やめて!」と照れくさそうに声を上げつつ、「心配かけました。その心配をどれだけこの舞台で巻き返せるか」と気合い十分。堤の印象については「本当に優しい方で、セリフもどうやっていつも覚えているのだろうと思うほど早くて」と尊敬のまなざしを向けていた。

 また、本舞台では35名のオーケストラが登場するのも見どころの1つ。演奏だけではなく劇中にも登場し、橋本は「僕だけが見えるオーケストラだけど、実際にいてお客様には見えているので難しい役で、それをどう芝居に活かせるか毎日考えていました」と話し、「最初はオーケストラとの稽古は3日あると言われていたけど、2日間しかなかったのでちょっと焦りはありました。でも、楽しみにしています」と笑顔。

 堤も「初めての経験だし、まだ客観的に見られてないですけど、これからもっと感じて、音楽に乗ってセリフを言うわけではないので逆に無視して(演技を)できるようになりたいです」と身を引き締めていた。

 舞台「良い子はみんなご褒美がもらえる」は4月20日から5月7日までTBS赤坂ACTシアターにて上演される。

【関連記事】

 村上龍の「コインロッカー・ベイビーズ」がA.B.C-Zの橋本良亮と河合郁人主演で舞台化!
A.B.C-Z、SPドラマ『僕らのショウタイム』劇場公開に喜び!
A.B.C-Z塚田僚一初主演『ラスト・ホールド!』が上海映画祭に正式招待
A.B.C-Z塚田僚一が、主演映画の前売券を148枚買った理由とは?

関連キーワード決算!忠臣蔵

広告

写真で見るニュース

  • 蛇田店に配備されているせいきょう便(みやぎ生協発表資料より)
  • アストンマーティンから誕生する初SUVは、多くの自動車ファンの関心を集めそうだ(画像: アストンマーティン発表資料より)
  • スターバックスリザーブストア銀座マロニエ通りの外観イメージ。(画像:スターバックスコーヒージャパン発表資料より)
  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース