忘れられない恋人や職場の嫉妬…女子の共感ポイント満載のドラマはコレ!

2019年4月19日 22:39

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

新生活が始まってから数週間が経ち、徐々に慣れてくると同時に、がんばりすぎて疲れが見え始める頃だろう。写真:『NYガールズ・ダイアリー 大胆不敵な私たち』 (C)2018 Universal Television LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

新生活が始まってから数週間が経ち、徐々に慣れてくると同時に、がんばりすぎて疲れが見え始める頃だろう。写真:『NYガールズ・ダイアリー 大胆不敵な私たち』 (C)2018 Universal Television LLC. ALL RIGHTS RESERVED. [写真拡大]

写真の拡大

 新生活が始まってから数週間が経ち、徐々に慣れてくると同時に、がんばりすぎて疲れが見え始める頃だろう。そんなときこそ、前向きなドラマから活力をもらいたいところ。そこで、4月10日〜16日のHulu週間ランキングから話題の作品を取り上げていきたい。

 ・たちまち首位奪還! 王者の強さ見せつけた『ウォーキング・デッド』

今回ムビコレが注目するのは、3位にランクインした『NYガールズ・ダイアリー 大胆不敵な私たち』。新時代のガールズドラマとして、女性を中心に人気を集めている本シリーズは、3月29日よりシーズン2の独占配信がスタートし、視聴数を着実に上げている。

主人公となるのは、ニューヨークの人気女性誌「スカーレット」編集部で働くジェーン、キャット、サットンの仲良し3人組。シーズン1では、仕事や恋愛、セクシャリティといったことに悩みつつもそれぞれの道を見つける。一件落着と思われていたが、シーズン2に入ると、転職先に馴染めなかったり、職場で嫉妬されたり、恋人とのすれ違いを経験したりと、新たな問題に次々と向き合うことに。

さらに、忘れられない恋人との関係や職場での人間関係など、誰もが経験したことのあるような内容を描きつつ、背景には女性が抱える問題やLGBTQ、人種問題など、取り上げるテーマが多岐にわたっているのも興味深いところと言えるだろう。働く女子にとっては、共感するだけでなく、前を向いて立ち上がる彼女たちの姿に背中を押されるはずだ。シーズン2も3人がそれぞれどのような成長を見せるのかに期待したい。

 
そのほか、1位には安定の『ウォーキング・デッド』、2位も同じく高い人気を誇っている『ウェントワース女子刑務所』がランクインしている。それぞれシーズン9、シーズン6と長年にわたって続いている大ヒットシリーズだが、『NYガールズ・ダイアリー 大胆不敵な私たち』もこれらと同様にロングランとなるドラマの仲間入りを果たせるかに注目したいところだ。(文:志村昌美/ライター)

【Hulu 4月10日〜16日の週間ランキング/海外ドラマ】
1位『ウォーキング・デッド』
2位『ウェントワース女子刑務所』
3位『NYガールズ・ダイアリー 大胆不敵な私たち』
4位『ゲーム・オブ・スローンズ』
5位『クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪』
6位『9-1-1:LA救命最前線』
7位『マーベル ランナウェイズ』
8位『HOMELAND/ホームランド』
9位『アメリカン・ホラー・ストーリー』
10位『The Gifted/ザ・ギフテッド』

【関連記事】

 [動画]『NYガールズ・ダイアリー シーズン2』予告編
たちまち首位奪還! 王者の強さ見せつけた『ウォーキング・デッド』
〇〇ロスに陥ったあなたへオススメしたい、『SATC』のあの人が出演の注目作!
父殺しの犯人を密かに探る大富豪!

関連キーワードHuluウォーキング・デッドウェントワース女子刑務所ギフテッド

広告

写真で見るニュース

  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース