Jストリーム マルチCDNをプレイヤー側で実施する技術の国内特許を取得、PCT国際出願も実施

2019年4月19日 14:16

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:16JST Jストリーム---マルチCDNをプレイヤー側で実施する技術の国内特許を取得、PCT国際出願も実施
Jストリーム<4308>は18日、ストリーミング再生に利用されるプレイヤーでマルチCDN(Content Delivery Network)を行う技術を開発し、日本における特許を取得したことを発表。

本特許は、契約している複数のCDNから最適なCDNを自動的に選択する仕組みを動画等のストリーミング再生で利用されるプレイヤー側で行う技術に関するもの。同社の技術では、プレイヤーにインテリジェンスを持たせることにより、4K、8Kなどの高ビットレート配信や、モバイル環境のようなリアルタイムのCDN選択が必要となる状況における精度の高いマルチCDNを実現するという。

同社では、本件について特許協力条約(PCT)に基づく国際出願(PCT国際出願)を行い、優先権を保有している。今後は、米国等における個別の特許申請を行う予定としている。《SF》

広告