概況からBRICsを知ろう~ロシア株式市場は小反落、アジア市場の下落が足かせ

2019年4月19日 10:11

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:11JST 概況からBRICsを知ろう~ロシア株式市場は小反落、アジア市場の下落が足かせ
【ブラジル】ボベスパ指数 93284.75 +1.39%
18日のブラジル市場は反発。主要指標のボベスパ指数は前日比1293.50ポイント高(+1.39%)の94578.25で取引を終えた。93285.31から95140.31まで上昇した。

終始プラス圏で推移し、終盤に上げ幅を拡大させた。年金改革案が下院で通過するとの観測が好感された。また、原油価格の上昇や中国経済指標の上振れなども支援材料となった。

【ロシア】MICEX指数 2568.26 +0.33%
18日のロシア株式市場は小反落。主要指標のMOEX指数は前日比7.46ポイント安(-0.29%)の2560.80で取引を終了した。2567.34から2547.37まで下落した。

終始マイナス圏で推移し、終盤に下げ幅をやや拡大させた。アジア市場の下落が足かせとなり、ロシア株にも売り圧力が高まった。また、ウクライナとの緊張関係の高まりや米国の追加制裁懸念なども圧迫材料。一方、原油価格の上昇が指数をサポートした。

【インド】SENSEX指数 39140.28 -0.34%
18日のインドSENSEX指数は5日ぶりに反落。前日比135.36ポイント安(-0.34%)の39140.28、ナショナル証券取引所の主要50社株価指数ニフティは同34.35ポイント安(-0.29%)の11752.80で取引を終えた。

買いが先行した後は売りに押され、引けまで安値圏で推移した。SENSEX指数が4連騰しており、足元での高値警戒感から利益確定売りが優勢となった。また、この日のアジア市場が軟調な展開を示したこともインド株の売り圧力を強めた。

【中国本土】上海総合指数 3250.20 -0.40%
18日の上海総合指数は値下がり。主要指標の上海総合指数は、前日比12.92ポイント安(-0.40%)の3250.20ポイントと3日ぶりに反落した。

不動産株の下げが重し。金地集団(600383/SH)が1.5%安、華夏幸福(600340/SH)が1.4%安、保利地産(600048/SH)が1.3%安で引けた。医薬品株、銀行・証券株、資源・素材株、自動車株なども売られている。半面、消費関連株は物色される。《NH》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース