イーソルは調整一巡、19年12月期経常・最終増益予想

2019年4月19日 09:13

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 イーソル<4420>(東マ)は組み込みソフトウェア事業を主力として、センシングソリューション事業も展開している。19年12月期は営業微減益だが、営業外収益の計上で経常・最終増益予想としている。株価は戻り高値圏から反落して上値を切り下げる形だが、調整一巡して出直りを期待したい。

■組み込みソフトウェア事業が主力

 18年10月東証マザーズに新規上場した。自社製ソフトウェアRTOS(リアルタイム・オオペレーティング・システム)開発やエンジニアリングサービス(受託業務)の組み込みソフトウェア事業を主力として、センシングソリューション事業(車載プリンタ・ハンディターミナル販売の物流関連ビジネス、センサネットワーク関連ビジネス)も展開している。

■19年12月期は営業微減益だが経常・最終増益予想

 19年12月期連結業績予想は、売上高が18年12月期比11.8%増の97億80百万円、営業利益が1.2%減の6億90百万円、経常利益が16.5%増の8億円、純利益が9.6%増の5億74百万円としている。

 先行投資負担などで営業微減益だが、営業外収益にNEDO「高効率・高速処理を可能とするAIチップ・次世代コンピューティングの技術開発」に係る補助金収入を計上見込みのため、経常・最終増益予想としている。

■株価は調整一巡

 株価(19年4月1日付で株式4分割)は戻り高値圏から反落して上値を切り下げる形だが、調整一巡して出直りを期待したい。4月18日の終値は1111円、前期推定連結PERは約39倍、時価総額は約238億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ヒーハイスト精工は調整一巡して反発期待、19年3月期2Q累計減益だが進捗率順調(2018/11/15)
プロレド・パートナーズは、18年10月期大幅増益で成長続く、7000円割れを下値に上値試す(2018/11/01)
ラ・アトレは出直り期待、18年12月期利益・配当予想を上方修正(2018/11/15)
リーガル不動産は総合不動産開発企業として業容拡大、下値に買い入る(2018/10/31)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • TORQUE G04。(画像:KDDI発表資料より)
  • 「島耕作も愛した幻の立ちそば 虎ノ門 港屋 辛香るラー油の鶏そば」(画像: 日清食品の発表資料より)
  • ジャガー「XE」2020年モデル。(画像: ジャガー・ランドローバー・ジャパンの発表資料より)
  • Mazda3のオーディオシステム。(画像: マツダの発表資料より)
  • 虎ノ門・麻布台プロジェクト完成イメージ。(画像:森ビル発表資料より)
  • BMW 330e iPerformance(画像: BMWの発表資料より)
  • 「ポルシェタイカン」ナルドでのテスト風景(画像:ポルシェ ニュースルーム発表資料)
  • 蛇田店に配備されているせいきょう便(みやぎ生協発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース