前日に動いた銘柄 part1識学、ロゼッタ、窪田製薬など

2019年4月19日 07:15

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:15JST 前日に動いた銘柄 part1識学、ロゼッタ、窪田製薬など
銘柄名<コード>18日終値⇒前日比

識学<7049> 6150 +410
従業員向けの研修サービスを共同開発。

ロゼッタ<6182> 4945 +315
上値追い続き5000円に迫る。

窪田製薬<4596> 507 +80
サンバイオ<4592>の上昇でバイオ関連の一角に物色。

リプロセル<4978> 245 +5
iPS細胞関連として一時急伸。

JVCケンウッド<6632> 307 +30
野村證券では投資判断「バイ」に格上げへ。

トリケミカル研究所<4369> 5970 +50
半導体関連の中小型株として水準訂正狙いの動きに。

キュービーネットHD<6571> 2639 +114
値動きの軽さを妙味に値幅取り資金も流入。

ウエルシアHD<3141> 4060 +225
定款の変更で新規事業を追加している。

TOKYO BASE<3415> 1073 +92
高値更新で上値妙味が広がる展開にも。

ファンケル<4921> 2949 +78
3月の訪日外客数の順調な拡大を評価へ。

日亜鋼業<5658> 353 +19
17日に業績予想の上方修正を発表。

ネクステージ<3186> 1200 +43
足元の好決算見直しの動きが継続へ。

アイシン精機<7259> 4565 +185
中国でアルミダイカスト部品の生産能力を増強と。

スズキ<7269> 5172 +156
ドイツ証券では投資判断を格上げ観測。

楽天<4755> 1196 +22
携帯電話事業における過度な競争激化懸念後退も追い風。

コシダカHD<2157> 1670-11
短期調整一巡感で好業績あらためて見直しも。

デンソー<6902> 5026 +112
ゴールドマン・サックス証券では投資判断を「買い」に格上げ。

メガチップス<6875> 1408 -130
引き続きインテルの5Gモデムチップ開発撤退をネガティブ視。

日本国土開発<1887> 770 -47
上値到達感も強まりに切り売りが優勢に。

コジマ<7513> 564 -41
節目の600円水準割り込んで見切り売り加速。

いちご<2337> 359 -32
今期の収益成長鈍化見通しをネガティブ視。

マルマエ<6264> 1053 -48
17日に急伸の反動で短期利食い売りも。《FA》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
 

広告

ピックアップ 注目ニュース