欧州為替:ドル・円は下げ渋り、ユーロ・円の動向に連れる

2019年4月18日 18:14

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:14JST 欧州為替:ドル・円は下げ渋り、ユーロ・円の動向に連れる
 欧州市場でドル・円は111円70銭台に下げた後、足元では111円80銭台に戻した。ドイツやユーロ圏の製造業PMIの低調な内容から景況感の悪化が再認識され、ユーロは急落。ユーロ・円の下落にドル・円も連れた。ユーロ・円は一時125円69銭まで下落後、126円付近に反発している。


 また、英国の3月小売売上高(自動車燃料含む)はマイナス予想に反して前月比1%超の上昇となったが、ポンド買いは限定的で、ポンド・ドルはユーロ・ドルの下落に連れ安気味に推移している。


 ここまでの取引レンジは、ドル・円は111円77銭から111円90銭。ユーロ・円は125円69銭から126円04銭、ユーロ・ドルは1.1243ドルから1.1271ドルで推移。《KK》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース