バイオ3銘柄が三つ巴のトップ争い、サンバイオの急伸を受けキャンバスも注目再燃

2019年4月18日 14:40

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■日経平均の調整強まりバイオ株などの材料株人気が一段と強まる

 キャンバス<4575>(東マ)は4月18日の後場、13時にかけて16%高の1220円(170円高)前後で活況高。マザーズ銘柄の値上がり率ランキングで1~3位を目まぐるしく渡り歩き、サンバイオ<4592>(東マ)、窪田製薬HD<4596>(東マ)と三つ巴のトップ争いを演じている。

 いずれもバイオ株。日経平均の下げ幅が150円台に広がり、主力株の動きが鈍いため、バイオ株などの材料株が一段と人気化しやすくなってきたとされ、キャンバスにはチャート妙味なども言われている。

 キャンバスは4月初旬、同社の抗がん剤候補化合物「CBP501」の臨床試験(フェーズ1b試験)のデータなどを米国癌研究会議(AACR)年次会議で公表したと発表し、600円台から1週間足らずで1330円まで急伸した。ここ一両日、目新しい買い材料は出ていないが、サンバイオが4月17日の朝7時過ぎ、米国脳神経外科学会で外傷性脳損傷(TBI)による運動機能障害に対する「SB623」のデータを発表と開示し、この日から連日ストップ高となっているため、米国で認められる可能性という点でキャンバスにも連想が波及したとの見方が出ている。窪田製薬HDは調整が進み、出直り安くなってきたとの見方がある。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ヒーハイスト精工は調整一巡して反発期待、19年3月期2Q累計減益だが進捗率順調(2018/11/15)
プロレド・パートナーズは、18年10月期大幅増益で成長続く、7000円割れを下値に上値試す(2018/11/01)
ラ・アトレは出直り期待、18年12月期利益・配当予想を上方修正(2018/11/15)
リーガル不動産は総合不動産開発企業として業容拡大、下値に買い入る(2018/10/31)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告