サンバイオは一時ストップ高のあと売買交錯、戻り待売りこなす展開との見方

2019年4月18日 10:11

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■外傷性脳損傷による運動機能障害に対する「SB623」の効果には注目殺到

 サンバイオ<4592>(東マ)は4月18日、9時30分過ぎに一時ストップ高の4710円(700円高)で売買され、2日続けてストップ高となった。4月17日の朝7時過ぎ、「米国脳神経外科学会において、外傷性脳損傷(TBI)による運動機能障害をもつ患者に対しての「SB623」の効果を発表」と開示し、注目殺到となった。

 ただ、17日は大引けまで買い気配のまま売買が成立しない状態でストップ高に張り付いたのに対し、18日は4500円(490円高)で始まった後に一時ストップ高となり、10時にかけては売買交錯となっている。19年1月に新薬開発に関する臨床試験の結果を受けて1万1800円台から2400円台まで急落。「日柄的には、まだこの後遺症を脱却したとは言えない」(市場関係者)との声があり、しばらくは戻り待ちの売りをこなしながらの展開を予想する姿勢がある。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ヒーハイスト精工は調整一巡して反発期待、19年3月期2Q累計減益だが進捗率順調(2018/11/15)
プロレド・パートナーズは、18年10月期大幅増益で成長続く、7000円割れを下値に上値試す(2018/11/01)
ラ・アトレは出直り期待、18年12月期利益・配当予想を上方修正(2018/11/15)
リーガル不動産は総合不動産開発企業として業容拡大、下値に買い入る(2018/10/31)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告