概況からBRICsを知ろう~ブラジル市場は反落、年金改革の遅れ観測が警戒

2019年4月18日 09:45

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*09:45JST 概況からBRICsを知ろう~ブラジル市場は反落、年金改革の遅れ観測が警戒
【ブラジル】ボベスパ指数 93284.75 -1.11%
17日のブラジル市場は反落。主要指標のボベスパ指数は前日比1048.56ポイント安(-1.11%)の93284.75で取引を終えた。95041.78から92337.54まで下落した。

小幅高で寄り付いた後は売りに押され、引けまで安値圏で推移した。年金改革の遅れ観測が警戒され、ブラジル株に売りが広がった。年金の改革案をめぐり、下院での投票は延期された。また、通貨レアル安の進行も圧迫材料。一方、1-3月期の中国の国内総生産(GDP)が予想を上回ったことが好感され、買いは先行した。

【ロシア】MICEX指数 2568.26 +0.33%
17日のロシア株式市場は続伸。主要指標のMOEX指数は前日比8.42ポイント高(+0.33%)の2568.26で取引を終了した。2560.04から2574.81まで上昇した。

終始プラス圏で推移し、終盤に上げ幅を縮小させた。1-3月期の中国の国内総生産(GDP)が予想を上回ったことを受け、世界景気の減速懸念がやや後退。一方、原油価格の下落が指数の上値を押さえた。

【インド】
休場

【中国本土】上海総合指数 3263.12 +0.29%
17日の上海総合指数は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比9.52ポイント高(+0.29%)の3263.12ポイントと続伸した。昨年3月以来の高値水準を切り上げている。

中国経済に対する悲観的な見方が後退。取引時間中に公表された中国統計では、1~3月GDP成長率が6.4%と市場予想を上回って着地した。3月の小売売上高や鉱工業生産額も大幅に上振れている。ただ、上値は重い。金融当局の引き締めスタンスが警戒された。中国人民銀行(中央銀行)は朝方、公開市場操作(オペ)と中期貸出ファシリティ(MLF)を通じて資金供給したが、過去に実施したMLF償還分との差し引きでは、吸収超となっている。上海銀行間取引金利(SHIBOR)のオーバーナイト物が大幅に上昇し、約4年ぶりの高い水準に達するなか、資金流動性のひっ迫も懸念された。指数はマイナス圏に沈む場面もみられている。《CS》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
  • 「S-mile(スマイル)」によるデリバリーのイメージ。(画像: 藤田観光の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース