JYJ・ジュンス、撮り下ろしグラビアは金髪&セクシーな肢体で魅了!

2019年4月17日 09:25

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

JYJのジュンスが、4月20日発売の「ハーパーズ バザー」6月号特別版で、表紙を飾ることがわかった。写真:「ハーパーズ バザー」6月号特別版表紙

JYJのジュンスが、4月20日発売の「ハーパーズ バザー」6月号特別版で、表紙を飾ることがわかった。写真:「ハーパーズ バザー」6月号特別版表紙[写真拡大]

写真の拡大

 JYJのジュンスが、4月20日発売の「ハーパーズ バザー」6月号特別版で、表紙を飾ることがわかった。また、通常版では、特別版とは異なるカット10ページが掲載される。

 ・美しいジュンスの肢体にくぎ付け!「ハーパーズ バザー」6月号 その他の写真

 今回のグラビアでは、“ジュンス、進化への鼓動”をテーマに、歌やミュージカルなど活躍のフィールドを広げ、進化するジュンスの魅力に迫る。撮影時は、ロエベやルイ・ヴィトンなどのウェアをさらりと身にまとい、凛としたまなざしをカメラに向けた。

 また、特別版・通常版ともに掲載されるインタビューでは、ミュージカルへの熱い思いや、日本ライブツアーの意気込み、近い将来に叶えたい夢などを語った。インタビュー内で、ジュンスは昨年11月に兵役をつとめあげた後の活動について「でも…(はにかみながら)、実は一番緊張したのが、除隊して2日後に開いたサイン会。長い間待ってくださったファンに会うのが緊張というか、ドキドキで! でもその時にいただいた声援や応援、笑顔がすごく力になって。その印象が強く心に残っています」と語っている。

 さらに、次回作として発表されている英雄アーサー王を再解釈した作品「エクスカリバー」への出演について、「ミュージカルの一番の核は音楽。だから役作りの7〜8割は音楽から入ります。歌と音楽の中に答えがある。見ていただければ、お客様もそれを感じてくれるはずです」と意気込んだ。続けて、「ストーリー自体はファンタジーですが、僕が演じるアーサーは、ファンタジーではなく王様の役。戦闘シーンもあります。これまで戦うシーンを演じたことがなかったので、新しい姿を見せられると思います」とアピールしている。

 「ハーバーズ バザー」の公式ウェブサイト「ハーバーズ バザー・オンライン」では、フォトシューティングのメイキング映像を4月20日から公開。また、定期購読を申し込んだ先着30名に、特製ポスターがプレゼントされるキャンペーンも行われる。

【関連記事】

 [動画]海外ドラマ『スパイ〜愛を守るもの〜』予告編
JYJのキム・ジェジュン、兵役前最後のイベントでファンのサプライズに号泣
「一番長いキスシーン」ファン悲鳴のなか、東方神起チャンミンが撮影秘話を告白!
[動画]ユンホ東方神起再始動後の初主演ドラマ「メロホリック」予告編

関連キーワードロエベ(LOEWE)