有村架純×坂口健太郎×岡田惠和のヒューマンドラマに知英が出演決定

2019年4月17日 09:29

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

知英が、WOWOWで放送される『連続ドラマW そして、生きる』に出演することがわかった。写真:(C) 2019 WOWOW INC.

知英が、WOWOWで放送される『連続ドラマW そして、生きる』に出演することがわかった。写真:(C) 2019 WOWOW INC. [写真拡大]

写真の拡大

 知英が、WOWOWで放送される『連続ドラマW そして、生きる』に出演することがわかった。本作は、有村架純、坂口健太郎をキャストに迎えたヒューマンストーリーで、岡田惠和のオリジナル脚本であることがすでに発表されている。

 ・やさしい笑顔の有村架純&坂口健太郎 『連続ドラマW そして、生きる』 その他の写真

 現代の東北と東京を舞台に、過酷な運命を生きた2人の男女・瞳子(有村)と清隆(坂口)の物語で、知英は、瞳子の友人の韓国人女性ハン・ユリ役で出演。盛岡を訪れた時に瞳子と出会ったハンは、人生で初めての地震を経験し、瞳子とともに気仙沼のボランティア活動に参加する。

 知英は、オファーを受けたときの気持ちやシナリオの印象について、「ドラマ出演での韓国人役は今までになかったのですが今回このような素晴らしい作品に出演できることとなり、最初は私でいいのかな? と思いましたがこれはもう運命だと実感しました。韓国人役として演じることに深い意味も感じていますが初めて言葉の壁を気にせずに演じられる役でもあるので思い切り役に挑んでいます。今までは日本語を完璧に演じることを考えていましたがそれをくずすことになんだか寂しさを感じてしまうところもありますが…」と語った。

 また、役柄について「自分が生きていたい女性像だと思うのでハンとして生きるのがとても楽しみです。私自身、3.11の日に日本にいて地震を経験しました。ドラマの中でもハンがこの日を経験することになりますがその思いを投影し共有できるような感じがしています。あと、ハンのセリフは韓国人の話す日本語なので私が日本語に慣れる前の語り口調を映像で見返したりして取り入れています」と振り返った。

 さらに、視聴者へ向けて「“そして、生きる”というタイトルだけでも胸がいっぱいになります。生きている理由、私が私らしくいられる今、たくさんの人々の出会いがあるから、そう。生きられる。そう気づいたとき、再び頑張って生きていけるんだなと思います。いい人生って何だろう? 誰もが考えるテーマだと思います。このドラマはすべてのキャラクターがもがきながら葛藤し自分の生きる道を探すことが描かれているヒューマンドラマです。演じていてすごく気持ちがいいですが、この期間私はハンと一緒に生き、自分も成長していきたいです。そんな私をぜひ見ていただきたいです」とアピールしている。

 『連続ドラマW そして、生きる』は、今夏WOWOWプライムにて放送される。

【関連記事】

 『私の人生なのに』知英インタビュー
有村架純、25歳の「今」が詰まった写真集発売!
元KARAの知英が性同一性障害に苦悩する“男性”役に初挑戦!
[動画]知英が男性と入れ替わったらやってみたいこととは?/映画『レオン』完成披露試写会

関連キーワード有村架純WOWOW坂口健太郎知英

広告

広告

写真で見るニュース

  • ファイナルファンタジーXIVウエディングオリジナル演出。4K対応の大迫力スクリーンの前で、オリジナル証明書へのサイン。(画像:ブライダルハート発表資料より)
  • SBXC039。(画像:セイコーウオッチ発表資料より)
  • 「派遣BOARD」のイメージ。(画像: ハケンボード発表資料より)
  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
 

広告

ピックアップ 注目ニュース