NY原油:反発で64.05ドル、供給ひっ迫懸念

2019年4月17日 07:33

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:33JST NY原油:反発で64.05ドル、供給ひっ迫懸念
16日のNY原油先物5月限は反発(NYMEX原油5月限終値:64.05↑0.65)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物5月限は前日比+0.65ドルの64.05ドルで通常取引を終えた。

産油国リビアの内戦に加え、米国の制裁によりベネズエラ、イランからの輸出減少で供給がひっ迫するとの懸念も根強く下値を支えた。また、米国がドライビングシーズンを控えて需要増加期待も広がった。《CS》

広告