東京為替:ドル・円は111円台継続、豪ドル・円は下げ渋り

2019年4月16日 14:11

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:11JST 東京為替:ドル・円は111円台継続、豪ドル・円は下げ渋り

 16日午後の東京市場でドル・円は111円90銭台でのもみ合いが続く。本日午前中に公表された豪準備銀行の4月理事会議事要旨は「短期的に政策金利を変更する強い根拠はない」としながらも、「インフレが低水準を維持し、失業率が上がれば利下げは適切」とハト派姿勢を示した。それにより豪ドルは売られたが、足元は下げ渋る展開に。豪ドル・円は80円付近で推移している。


 ここまでの取引レンジは、ドル・円は111円89銭から112円05銭。ユーロ・円は126円38銭から126円68銭、ユーロ・ドルは1.1293ドルから1.1307ドルで推移。《KK》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース