トヨタ、ホンダが中国専用EVを世界初公開、ホンダは後場再び堅調に転換

2019年4月16日 13:33

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■2019年上海モーターショー(一般公開4月18日から25日)で発表

 ホンダ<7267>(東1)は4月16日の後場、再び堅調相場に転換し、13時過ぎに前場の高値を抜いて3135.0円(16.0円高)まで上げている。同日付で、中国専用のEV(電気自動車)のコンセプトカーを2019年上海モーターショーで世界初公開と発表し、注目されている。

 トヨタ自動車<7203>(東1)は6815円(16円安)前後で推移しているが、前場の下値を割らずに底堅い。やはり16日付で、トヨタブランドとして中国初投入となるEV(電気自動車)として、4月16日に開幕した上海国際モーターショーにおいて「C-HR」/「IZOA」の電気自動車(EV)を世界初披露と発表した。

 2019年上海モーターショー(第18回上海国際自動車工業展覧会)は、プレスデーが4月16日から17日の日程で、一般公開は4月18日から25日と伝えられている。

 トヨタ自動車の発表によると、同社は、中国で初披露した「C-HR」/「IZOA」のEV2車種を皮切りに、2020年代前半には、グローバルで10車種以上のEVの展開を予定しており、2030年「グローバル電動車販売550万台以上」の目標に向け、着実に電動車普及を進めているとした。

 またホンダのコンセプトカー「X-NV CONCEPT(エックスエヌブイ コンセプト)」は、本田技研科技(中国)有限公司(総経理:水野泰秀)と東風本田汽車有限公司(総経理:夏目達也 以下、東風ホンダ)との共同開発により、東風ホンダとして中国市場に投入する初の量産EVのコンセプトモデルで、2019年後半の発売を予定しているという。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ヒーハイスト精工は調整一巡して反発期待、19年3月期2Q累計減益だが進捗率順調(2018/11/15)
プロレド・パートナーズは、18年10月期大幅増益で成長続く、7000円割れを下値に上値試す(2018/11/01)
ラ・アトレは出直り期待、18年12月期利益・配当予想を上方修正(2018/11/15)
リーガル不動産は総合不動産開発企業として業容拡大、下値に買い入る(2018/10/31)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース