NY為替:米経済指標改善でドル下げ渋り

2019年4月16日 06:23

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*06:23JST NY為替:米経済指標改善でドル下げ渋り
15日のニューヨーク外為市場でドル・円は、111円95銭から112円08銭まで上昇し、112円04銭で引けた。米国の4月NY連銀製造業景気指数が予想を上回りドル買いが優勢となった。ただ、その後は日米通商協議控えてドルは伸び悩んだ。

ユーロ・ドルは、1.1316ドルから1.1298ドルまで下落し、1.1303ドルで引けた。欧州連合(EU)が米国との貿易交渉の再開を発表したが、ビルロワ・ドガロー仏中央銀行総裁が「上半期成長は予想をかなり下回る可能性がある」と警告したほか、欧州中央銀行(ECB)の「大規模な刺激策の公約」を再確認したため、ユーロ売りが優勢となった。ユーロ・円は、126円79銭まで上昇後、126円55銭まで反落。ポンド・ドルは、1.3119ドルまで上昇後、1.3087ドルまで下落した。ドル・スイスは、1.0024フランから1.0047フランまで上昇した。《MK》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース