BTC急反落、アルゴが影響も【フィスコ・ビットコインニュース】

2019年4月16日 04:35

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*04:35JST BTC急反落、アルゴが影響も【フィスコ・ビットコインニュース】
 仮想通貨ビットコインは15日、堅調に推移していたが、5191.48ドル(58.1万円相当)の高値から一時5000ドル(56万円相当)割れ寸前5000.70ドルまで急反落した。一部ではアルゴによる価格操作の疑惑もある。

コーネルテックや数々の大学のリサーチによると、いくつかの仮想通貨取引所で「フラッシュ・ボーイズ」的な価格操作が横行しているとの報告が出た。レポートでは出来高の90%に価格操作の疑いがあると指摘されている。

本日はまた、世界で最大の仮想通貨取引所BinanceがビットコインSVの上場廃止を発表したこともマイナス材料となった可能性がある。《KY》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース