『劇場版シティーハンター』ついに興収15億円突破!

2019年4月15日 22:20

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

北条司原作の人気コミックを長編アニメーション映画化した『劇場版シティーハンター 』が、2月8日の公開初日から4月14日までの66日間で興行収入15億円を突破したことがわかった。写真:(C) 北条司/NSP・「2019 劇場版シティーハンター」製作委員会

北条司原作の人気コミックを長編アニメーション映画化した『劇場版シティーハンター 』が、2月8日の公開初日から4月14日までの66日間で興行収入15億円を突破したことがわかった。写真:(C) 北条司/NSP・「2019 劇場版シティーハンター」製作委員会[写真拡大]

写真の拡大

 北条司原作の人気コミックを長編アニメーション映画化した『劇場版シティーハンター 』が、2月8日の公開初日から4月14日までの66日間で興行収入15億円を突破したことがわかった。詳細な数字は興収15億266万5440円、観客動員105万8102人となっている。

 ・『劇場版シティーハンター』興収10億円突破の大ヒット!

 大ヒットの要因の1つとなったのは、本作の舞台である新宿の聖地化。新宿エリアを中心としたプロモーションもきっかけとなり、全国各地から訪れるファンが続出。劇中にもその外観が登場し、入口前でアクションシーンが展開されるTOHOシネマズ 新宿はファンの間でまさに聖地となり、1館での興行成績が動員6万2126人 興収1億285万3760円と1億円を超え、全国251館での封切で興収占有率6.8%(4月14日現在)という突出した成績を誇り、現在もロングラン上映中だ。

 また、ファンからは「こんなに映画館に通ったのは初めて」「聖地の新宿で見られて最高」といった声が上がっており、パンフレットほか劇場商品も売り切れ続出、急きょ再生産が決定するなど盛り上がりをみせている。

 この興収15億円突破というおめでたいニュースを受け、冴羽リョウ役の神谷明は「『劇場版シティーハンター 』は、まずこの作品を蘇らせようとご尽力された方々そして、作品が大好きなスタッフの熱い思いによって生み出されました。さらに長年この作品を待ち望み、何度も劇場に足を運び支えてくださったお客様が続き、作品を知らない新しいお客様も続いてくださいました。その“シティーハンター愛”の連鎖が大きな結晶となりました。私の夢がいくつも叶いました。本当に嬉しいです。これほど魅力的な作品に携われたことを心から感謝するとともに、この喜びを全てのスタッフ、お客様とともに分かち合いたいと思います。ありがとうございました」。

 北条司は「公開1週目はファンだけでも駆けつけてくれたら嬉しいなと思っていましたが、まさかのトップ10入りやら、2ヵ月超えのロングランやら、あらゆる意味で予想を裏切ってくれて嬉しい悲鳴をあげてます、うひょ〜(笑)。初めて見てくれたみなさん、何回も来てくれたみなさん、ありがとうございました!!」とのコメントを寄せている。

【関連記事】

 飯豊まりえが冴羽リョウになりきった徳井義実を100tハンマーで制裁!
「シティーハンター」新作アニメ映画の制作決定! リョウと香の声優は続投
[動画]ジャイアンツのユニフォームを着た冴羽獠&槇村香/映画『劇場版シティーハンター』PR映像
『ボヘミアン・ラプソディ』興収128.5億円突破で『ジュラシック・パーク』超え!

関連キーワードシティーハンター

広告

写真で見るニュース

  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース