アエリア サイバード初の「Google アシスタント」課金型サービスを提供開始

2019年4月15日 16:35

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:35JST アエリア---サイバード初の「Google アシスタント」課金型サービスを提供開始
アエリア<3758>は12日、子会社のサイバードが、「Google アシスタント」において、課金型サービス「セバスチャンとおやすみ」の提供を開始したことを発表。

同サービスは、累計会員数2千万人を誇る女性向け恋愛ゲーム「イケメンシリーズ」の人気タイトル「イケメンヴァンパイア・偉人たちと恋の誘惑」に登場する人気キャラクター、セバスチャンの録りおろし生ボイスで毎日の睡眠をサポートするもの。甘い声で癒してくれるだけでなく、利用者の利用状況から就寝時間や起床時間の情報をスマートフォンへ送信し、睡眠時間の記録をとることもできる。

サイバードは、日本におけるVoice UI のマーケットローンチ時から、全てのプラットフォームにいち早く音声サービスを提供しているが、本サービスはサイバードにおける初のGoogle アシスタント対応課金型サービスの提供となる。《SF》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース