エランは上場来高値更新、19年12月期2桁増収増益・増配予想、さらに上振れの可能性

2019年4月15日 08:53

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 エラン<6099>(東1)は介護医療関連事業として「手ぶらで入院、手ぶらで退院」できるCSセット(入院セット)を展開している。契約施設数・利用者数が増加基調であり、19年12月期2桁増収増益・増配予想である。さらに上振れの可能性が高いだろう。市場開拓余地が大きく、中期成長も期待される。株価は上場来高値更新の展開だ。上値を試す展開が期待される。取り組み妙味で踏み上げの可能性もありそうだ。

■CSセット(入院セット)を展開

 介護医療関連事業として「手ぶらで入院、手ぶらで退院」できるCSセット(入院セット)を展開している。契約施設(病院・介護老人保健施設等)数および利用者数は増加基調である。

 18年11月には、海外展開を視野に入れてインドの医療関連商品卸会社BIHS社へ出資、日本総険(香川県高松市)と業務提携してCSセットLC(ロスコントロール)入院保証を開発、18年12月には営業推進を目的としてポプラ<7601>と業務提携した。19年4月には個人請求・カスタマーサポート部門を分社化してエランサービスを設立する。

■19年12月期2桁増収増益・増配予想、さらに上振れの可能性

 19年12月期連結業績予想は、売上高が18年12月期比15.7%増の215億円、営業利益が11.8%増の14億30百万円、経常利益が11.5%増の14億30百万円、純利益が12.1%増の9億70百万円としている。配当予想は19年1月1日付株式2分割換算後で2円増配の年間9円(期末一括)としている。

 人件費・採用費・配送委託外注費の増加などで利益率が若干低下するが、契約施設数・利用者数が順調に増加し、生産性向上も寄与して2桁増収増益・増配予想としている。期初時点では保守的な予想を公表する傾向が強く、通期予想は上振れの可能性が高いだろう。市場開拓余地が大きく、中期成長も期待される。

■株価は上場来高値更新

 株価(19年1月1日付で株式2分割)は4月12日に1799円まで上伸した。18年7月1772円を突破して上場来高値更新の展開だ。上値を試す展開が期待される。取り組み妙味で踏み上げの可能性もありそうだ。4月12日の終値は1792円、今期予想連結PERは約56倍、時価総額は約543億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【小倉正男の経済コラム】「キャスター」VS「SNS」、正義は独占できない(2018/11/10)
スリープロはレンジ下限水準から続伸、3Q高利益進捗率業績を見直し決算発表に期待を高め下げ過ぎ訂正(2018/11/06)
トレジャー・ファクトリーは調整一巡感、19年2月期予想に上振れ余地(2018/11/09)
LTSは続落も3Q決算発表を前に年平均利益成長率19.9%を手掛かりに押し目買い好機(2018/10/23)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • かねさ減塩味噌仕立ての焼おにぎり。(画像:ローソン発表資料より)
  • スズキ「アルト ラパン X」(画像: スズキの発表資料より)
  • 和民などに導入される竹素材を使ったストロー(写真:和民の発表資料より)
  • 「Atmoph Window 2」(画像: アトモフ株式会社の発表資料より)
  • 「19design」のトップページ。(画像:オラクル構想準備室発表資料より)
  • (c) 水木プロダクション 作画:一智和智
  • 「A110S」(画像: アルピーヌの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース