月間トップスリーは不動の3作品、続く注目アニメはこれ

2019年4月11日 22:49

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

3月は芸能界を揺さぶるような出来事があり、映画やドラマ、音楽といったエンタメの在り方を問われた月となった。写真:『転生したらスライムだった件』 (C)川上秦樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会

3月は芸能界を揺さぶるような出来事があり、映画やドラマ、音楽といったエンタメの在り方を問われた月となった。写真:『転生したらスライムだった件』 (C)川上秦樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会[写真拡大]

写真の拡大

 3月は芸能界を揺さぶるような出来事があり、映画やドラマ、音楽といったエンタメの在り方を問われた月となった。そんな波乱に満ちた3月にどんな作品が人気を獲得したのか、Hulu月間ランキングからその傾向を探っていきたい。

 ・フォロワー28万人超え!『3年A組』が9週連続1位に

 まず2か月連続で1位となったのは、大ヒットを記録した菅田将暉主演のドラマ『3年A組 −今から皆さんは、人質です−』。3月10日に最終回を迎えたが、放映終了後もHuluでは全2話のオリジナルストーリーを独占配信しており、ファンからの注目を集めている。その結果、勢いは衰えることなく、月間王者に輝くこととなった。

 そんななか、今回ムビコレが注目するのは、4位の『転生したらスライムだった件』。月間ランキングにおいては、2018年の12月以降4月連続でトップ10入りを果たしている。現在、人気は高まっており、3月27日から4月2日 の最新週間ランキングでは、『ウォーキング・デッド』に続く2位にまで浮上した。

 主人公は、37歳のサラリーマン三上悟。ある日、通り魔に刺されて死亡し、気がつくと異世界に転生してしまうのだが、その姿はなんとスライムだったというところから物語は始まる。リムルという名前を得て、新たにスライムとして人生を生きることとなるが、そこで「種族問わず楽しく暮らせる国作り」を目指すことになるのだった。

 非常に独創的なストーリー展開となっているが、もともとはWEB小説として発表されたもの。その後、コミカライズされるとさらに人気となり、関連書籍を含めるとシリーズ累計1200万部の大ヒット作となった。それだけに、2018年10月からスタートしたアニメ版がこれだけ高く支持されているのもうなずける。また、テレビアニメ続編の制作が決定したことも先日発表されただけに、今後ますます話題となることは間違いないだろう。

 そのほか、5位の『HUNTER×HUNTER』や8位の『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』、9位の『名探偵コナン』といったアニメ作品が全体的に好調。すでに週間ランキングでは、新たに『盾の勇者の成り上がり』や『ソードアート・オンライン アリシゼーション』も続々とランクインしている。来月からは4月期の新ドラマとアニメとの戦いが始まりそうだ。(文:志村昌美/ライター)

 【Hulu 3月の月間ランキング/テレビシリーズ】
1位『3年A組 −今から皆さんは、人質です−』
2位『ウォーキング・デッド』
3位『家売るオンナの逆襲』
4位『転生したらスライムだった件』
5位『HUNTER×HUNTER』
6位『イノセンス 冤罪弁護士』
7位『今日から俺は!!』
8位『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』
9位『名探偵コナン』
10位『徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました』

【関連記事】

 SNSに潜む危険をドラマ化! 人気YouTuberも出演の注目作品とは?
8週連続1位!『3年A組』のヒット要因とは?
超絶美女たちの激しすぎる闘いに興奮!
フォロワー28万人超え!『3年A組』が9週連続1位に

関連キーワード名探偵コナンジョジョの奇妙な冒険Huluウォーキング・デッド菅田将暉HUNTER×HUNTERSHELLY今日から俺は!!転生したらスライムだった件盾の勇者の成り上がり

広告

写真で見るニュース

  • 水蒸気噴火のイメージ。
  • 2019年上半期にSUV新車販売トップとなったホンダ「ヴェゼル」。(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • TORQUE G04。(画像:KDDI発表資料より)
  • 「島耕作も愛した幻の立ちそば 虎ノ門 港屋 辛香るラー油の鶏そば」(画像: 日清食品の発表資料より)
  • ジャガー「XE」2020年モデル。(画像: ジャガー・ランドローバー・ジャパンの発表資料より)
  • Mazda3のオーディオシステム。(画像: マツダの発表資料より)
  • 虎ノ門・麻布台プロジェクト完成イメージ。(画像:森ビル発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース