GWに横浜赤レンガ倉庫で細田守監督歴代5作品の野外上映を開催

2019年4月4日 22:01

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

第91回アカデミー賞長編アニメーション映画賞にノミネートされたのも記憶に新しい『未来のミライ』を含む細田守監督の歴代5作品が、5月1日〜5日の5日間、横浜赤レンガ倉庫にて野外上映される。写真:(C) 2018 スタジオ地図

第91回アカデミー賞長編アニメーション映画賞にノミネートされたのも記憶に新しい『未来のミライ』を含む細田守監督の歴代5作品が、5月1日〜5日の5日間、横浜赤レンガ倉庫にて野外上映される。写真:(C) 2018 スタジオ地図[写真拡大]

写真の拡大

 第91回アカデミー賞長編アニメーション映画賞にノミネートされたのも記憶に新しい『未来のミライ』を含む細田守監督の歴代5作品が、5月1日〜5日の5日間、横浜赤レンガ倉庫にて野外上映される。

 ・細田守監督、アカデミー賞逃す

 5作品が上映されるのは、横浜みなとみらい21・新港地区にある横浜赤レンガ倉庫が会場の「THEATER RED BRICK(シアター赤レンガ)」。横浜赤レンガ倉庫やみなとみらいの夜景が一望できる、芝生の広がる赤レンガパークに約450インチの特設スクリーンを設置し、「米国アカデミー賞ノミネート記念 細田守監督作品特集」と題して野外上映が行われる。

 上映されるのは、『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』『未来のミライ』の5作品で、各日19時からの上映となる。

 【「SEASIDE CINEMA ~THEATER RED BRICK~」開催概要】
■5月1日『時をかける少女』(2006年/上映時間98分)
■5月2日『サマーウォーズ』(2009年/上映時間114分)
■5月3日『おおかみこどもの雨と雪』(2012年/上映時間117分)
■5月4日『バケモノの子』(2015年/上映時間119分)
■5月5日『未来のミライ』(2018/上映時間98分)

 また、同じ日程で「MARINE & WALK YOKOHAMA」を会場に、映画ファンなら見逃せない、近年のミニシアター映画傑作5作品も野外上映される。こちらの上映作品は以下の5作品となっている。

 【「SEASIDE CINEMA ~THEATER MARINE & WALK~」開催概要】
■5月1日『君の名前で僕を呼んで』(上映時間132分)
■5月2日『ムーンライズ・キングダム』(上映時間94分)
■5月3日『アバウト・タイム 〜愛おしい時間について〜』(上映時間123分)
■5月4日『シング・ストリート 未来へのうた』(上映時間106分)
■5月5日『ベイビー・ドライバー』(上映時間113分)

 詳細はWebサイトでご確認を!
https://www.yokohama-akarenga.jp/brickjournal/detail/26
https://www.marineandwalk.jp/

【関連記事】

 米国アカデミー賞に日本映画『万引き家族』『未来のミライ』がノミネート!
細田守監督作『未来のミライ』、アニー賞長編インディペンデント作品賞受賞
細田守監督&上白石萌歌がカンヌ入り!『未来のミライ』上映後には大きな拍手
[動画]細田守監督、上白石萌歌、黒木華、星野源、麻生久美子による貴重なインタビュー/映画『未来のミライ』特典映像

関連キーワード時をかける少女横浜赤レンガ倉庫シング・ストリート 未来へのうたSEASIDE CINEMA細田守ベイビー・ドライバー未来のミライキングダム

広告

広告

写真で見るニュース

  • (画像: ブルーパドルの発表資料より)
  • 東急プラザ渋谷のイメージ(東急不動産発表資料より)
  • MINIの生誕60周年記念特別仕様車「MINI 60 YEARS EDITION」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • 惑星探査機カッシーニからみた土星 (c) NASA
  • 広島駅ビルの外観イメージ(JR西日本発表資料より)
  • スマート・EQ Fortwo(画像: ダイムラーの発表資料より)
  • (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース