RPAホールディングスは今日から東証1部銘柄になり135円高

2019年3月27日 09:35

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■東証マザーズから一気に市場変更

 RPAホールディングス<6572>(東1)は3月27日、切り返して始まり、取引開始後に3430円(135円高)と出直っている。この日を境に、東京証券取引所マザーズ市場から東京証券取引所市場第一部(東証1部)へ市場変更となった。変更月の翌月末に1部上場全銘柄で算出するTOPIX(東証株価指数)の算出対象となる。

 「RPA」は、同社HPによると、2016年初に欧米のコンサルティング会社によって提唱された、認知技術(ルールエンジン・機械学習・人工知能等)を活用した主にホワイトカラー業務の効率化の取り組みの概念で、人間の補完として業務を遂行できることから、デジタルレイバー(仮想知的労働者)とも言われているという。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ヒーハイスト精工は調整一巡して反発期待、19年3月期2Q累計減益だが進捗率順調(2018/11/15)
プロレド・パートナーズは、18年10月期大幅増益で成長続く、7000円割れを下値に上値試す(2018/11/01)
ラ・アトレは出直り期待、18年12月期利益・配当予想を上方修正(2018/11/15)
リーガル不動産は総合不動産開発企業として業容拡大、下値に買い入る(2018/10/31)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告