ファイバーゲート 買い優勢、+1σを再度奪還

2019年3月27日 09:25

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*09:25JST <9450> ファイバーゲート 2921 +201
買い優勢。ボリンジャーバンド上では、+1σと+2σのレンジ内での推移が続いていた。その後足元では世界経済の減速懸念などを背景に、+1σを割り込む局面も見られた。しかし、同水準を割り込む局面では押し目買いも散見され、株価は底堅く推移。MACDも横ばいに移行してきており、引き続き株価推移に注目しておきたいところ。《FA》

広告

財経アクセスランキング