25日の中国本土市場概況:上海総合2.0%安で3日ぶり反落、ハイテク株の一角は急伸

2019年3月25日 16:50

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:50JST 25日の中国本土市場概況:上海総合2.0%安で3日ぶり反落、ハイテク株の一角は急伸
週明け25日の中国本土市場は値下がり。主要指標の上海総合指数は、前営業日比61.12ポイント(1.97%)安の3043.03ポイントと3日ぶりに反落した。上海A株指数も下落し、64.09ポイント(1.97%)安の3187.10ポイントで取引を終えている。

投資家のリスク回避スタンスが強まる流れ。欧州や米国で公表された今年3月の購買担当者指数(PMI)が軒並み下振れるなか、世界景気の先行き不安が強まった。中国の政策に対する期待感が根強く、指数は下げ幅を縮小させる場面がみられたものの、終盤に入り改めて売りの勢いが増した。

金融株が下げを主導。中国人寿保険(601628/SH)が5.4%安、中信証券(600030/SH)が4.4%安、招商銀行(600036/SH)が3.7%安で引けた。資源・素材株、消費関連株、医薬品株、運輸株、インフラ関連株、自動車株なども売られている。

半面、ハイテク株の一角は高い。電子機器メーカーの国睿科技(600562/SH)が7.3%、スーパーコンピュータ世界大手の曙光信息産業(中科曙光:603019/SH)が7.0%、通信機器メーカーの東方通信(600776/SH)が2.3%ずつ上昇した。

一方、外貨建てB株の相場は値下がり。上海B株指数が3.20ポイント(1.03%)安の305.88ポイント、深センB株指数が16.00ポイント(1.54%)安の1022.42ポイントで終了した。

【亜州IR】《FA》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 1992年までわんぱくランドで稼働した「お城観覧車」(バンダイナムコアミューズメント発表資料より)
  • WAKAZEの定番商品ラインナップ(画像: WAKAZEの発表資料より)
  • 土星探査機カッシーニが明らかにしたタイタン北半球の海や湖 (c) NASA/JPL-Caltech/Univ. Arizona/Univ. Idaho
  • 「十勝産とうきびのスープ」(写真:ローソンの発表資料より)
  • スタイラスペン「SonarPen」(画像: Makuakeより)
  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース