田中圭、驚きの脚本家宣言!?「今日から書きます!」

2019年3月23日 21:55

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

田中圭が、3月23日に行われた『美人が婚活してみたら』の初日舞台挨拶に、黒川芽以、臼田あさ美、中村倫也、大九明子監督、じろう(シソンヌ)と共に登壇。写真:田中圭

田中圭が、3月23日に行われた『美人が婚活してみたら』の初日舞台挨拶に、黒川芽以、臼田あさ美、中村倫也、大九明子監督、じろう(シソンヌ)と共に登壇。写真:田中圭[写真拡大]

写真の拡大

 田中圭が、3月23日に行われた『美人が婚活してみたら』の初日舞台挨拶に、黒川芽以、臼田あさ美、中村倫也、大九明子監督、じろう(シソンヌ)と共に登壇。今後脚本家として活動したい意向を語り、会場をざわつかせた。

 ・『美人が婚活してみたら』初日舞台挨拶、その他の写真

 本作は、同名漫画の実写映画化で、黒川演じる不倫の恋ばかりしてきた30代の美人デザイナー・タカコの恋模様を描く。大九監督は、作品について「夢のようなゴールデンメンバーと撮影ができて嬉しいです。12月にお話をいただいて、2月には撮影というタイトなスケジュールでしたが、その時にできるすべてのものを注ぎました」と語った。

 演じる役柄について、黒川は「美人役は、最初はプレッシャーでした。けれど、美人押しというよりは、どこにでもいる悩むアラサー女性が描かれていて、彼女が婚活を通して成長するストーリーです」。中村は「僕が演じる園木はちょっと変な人だけど、物語が進むにつれて、そこが愛嬌に見えてくるみたいなところが、演じていて楽しかったです。物足りない男かもしれないけど、女性には園木のような男を選んでほしい」とそれぞれコメント。

 さらに中村は、プレイボーイ・矢田部役の田中に、「圭くんと仕事をすると、いつも圭くんがセクシーな役で、僕は報われない男の役が多い気がするね。いつかトレードしたいね」と笑顔で語りかけ、田中も「確かにそうだね」と笑い合っていた。田中の役を羨む中村は、続けて「矢田部の『俺のこと好きになっちゃった?』ってセリフ、どういう気持ち? 恥ずかしくならないの?」と質問。田中は「あれはね…、矢田部みたいな男はだめだよね」と照れながら誤魔化し、会場をなごませた。

 また、MCから「今後やってみたい○○活は?」という質問をされると、田中が「僕は執筆活動ですね。今後脚本家になって…」と衝撃発言。しかし、黒川から「目が笑ってるよ」、中村からも「口すぼめてるな〜」と茶化され、客席から笑いが。登壇者から「本当にやるの?」と追及された田中は、「やってみたいとは思ってるんですけど…まだ何もやってないです。でも、ゼロからものを作る人に憧れます。今日から書きます!」と宣言。脚本家・田中圭の誕生シーン(!?)に客席もどよめいていた。

【関連記事】

 [動画]『美人が婚活してみたら』予告編
[動画]黒川芽以&中村倫也の初デートシーンメイキング/映画『美人が婚活してみたら』特別映像
田中圭ら続投で『おっさんずラブ』映画化決定!
北川景子の夫・DAIGOと恋人役の田中圭がまさかのニアミス遭遇!?

関連キーワード田中圭

広告