前日に動いた銘柄 part2:リテールパートナーズ、シリコンスタ、CRI・MWなど

2019年3月22日 07:32

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:32JST 前日に動いた銘柄 part2:リテールパートナーズ、シリコンスタ、CRI・MWなど
銘柄名<コード>⇒20日終値⇒前日比

丸三証券<8613> 697 -32
期末の普通配見送り以降は利回り妙味が後退で。

ソニー<6758> 4951 -173
任天堂と同様にゲーム業界でのライバル出現を嫌気。

任天堂<7974> 30480 -1010
グーグルのゲーム事業参入表明で競争激化懸念が優勢に。

MonotaRO<3064> 2362 -59
特段材料見当たらないが株価下落が見切り売り誘う形にも。

東海東京フィナンシャル・ホールディングス<8616> 439 -13
引き続き年間配当金の前期比減配を嫌気。

川崎汽船<9107> 1234 -30
昨年12月の安値水準も割り込んでおり。

レオパレス21<8848> 240 -7
先行き懸念から戻りの鈍い展開が続く。

武田薬品工業<4502> 4753 +5
ゴールドマン・サックス証券では「買い」でカバレッジ再開。

アンリツ<6754> 2106 -26
SMBC日興証券では投資判断を格下げ。

ピーエイ<4766> 260 +31
調整一巡感で押し目買い向かう格好にも。

リテールパートナーズ<8167> 1226 +147
自社株買いの実施発表を好感。

シリコンスタ<3907> 1751 +300
米グーグルの新ゲーム事業「スタディア」発表会にロゴ掲載、関連銘柄として物色。

パレモ・HD<2778> 308 +25
26日から東証2部及び名証2部に市場変更、19年2月期年間配当予想9円に増額。

新日建物<8893> 311 +39
利益配分に関する基本方針変更、配当性向30%目途。

ナノキャリア<4571> 483 +4
遺伝子治療薬VB-111が免疫系を活性化、腫瘍を攻撃すると学会発表。

チエル<3933> 890 +22
株主優待制度を導入、クオカード500-3000円贈呈。

ツクイスタッフ<7045> 2582 +111
19年3月期の年間配当予想を30円に増額修正。

シルバーエッグ<3961> 1198 -92
19日ストップ高の反動で利益確定売り。

CRI・MW<3698> 4045 +700
米グーグルのゲーム関連として。

Mマート<4380> 1751 -
引き続き業績を手掛かり材料に。

ギークス<7060> 3400 -
初値は公開価格を50.3%上回る2900円。《FA》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース