斎藤工、瀧容疑者出演の映画ノーカット上映に「ほっとしています」

2019年3月20日 23:13

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

斎藤工が主演をつとめる『麻雀放浪記2020』の完成報告イベントが3月20日に新宿バルト9で行われ、斎藤をはじめ、もも(チャラン・ポ・ランタン)、ベッキー、竹中直人、白石和彌監督が登壇した。写真:斎藤工

斎藤工が主演をつとめる『麻雀放浪記2020』の完成報告イベントが3月20日に新宿バルト9で行われ、斎藤をはじめ、もも(チャラン・ポ・ランタン)、ベッキー、竹中直人、白石和彌監督が登壇した。写真:斎藤工[写真拡大]

写真の拡大

 斎藤工が主演をつとめる『麻雀放浪記2020』の完成報告イベントが3月20日に新宿バルト9で行われ、斎藤をはじめ、もも(チャラン・ポ・ランタン)、ベッキー、竹中直人、白石和彌監督が登壇した。麻薬取締法違反容疑で逮捕されたピエール瀧容疑者の出演作で、予定通り、ノーカットで公開されることが当日朝に発表され、斎藤は「ひとまず今朝の会見でほっとしています」と安堵の表情を浮かべた。

 ・ 『麻雀放浪記2020』完成報告イベント、その他の写真

 白石監督は「瀧容疑者がこのようになるとはゆめゆめ思わず、長い時間を過ごす中で気づけなかった。不徳の致すところです。瀧容疑者のしてしまったことを許すわけにはいきませんが、ただ作品に罪はないと思っていただきたい。この映画だけではなく、日本のエンターテインメントのためにも、上映する決断に至りました。この決断が正しいか、今はわかりませんが、きっといつか間違っていなかったと言ってもらえるよう、さまざまな思いで作っているということを述べておきたいです」と今回上映に踏み切った意図を語った。

 また、竹中は「瀧容疑者の報道を知って胸をえぐられるような思いでした。監督を抱きしめたい衝動に駆られましたね。心の中で色んな感情がのたうち回っています」と複雑な心境を述べた。

 さらに、今回の作品について斎藤は「(原案の)阿佐田哲也さんの文学に若い頃感銘を受けました。それを知らない若い世代に伝えたいと思っています」と意気込みを。対して、白石監督は「和田誠監督の(1984年版の)傑作があるので、作ってはいけないと思っていましたが、作るからには叱られてもぶっ飛んだ映画にしようと心に決めておりました。世の中を驚かせられたらと取り組みましたので、ぜひたくさんの方に見ていただければ」と作品への自信を伺わせた。

 『麻雀放浪記2020』は4月5日より全国公開となる。

【関連記事】

 [動画]斎藤工、瀧容疑者出演シーンのノーカット上映決定に胸なでおろす
[動画]斎藤工主演で35年ぶりに再映画化!『麻雀放浪記2020』特報
[動画]小松政夫扮する『日曜洋画劇場』名人芸コラボで解説!映画『麻雀放浪記2020』特別映像
映画『居眠り磐音』、ピエール瀧容疑者出演シーンを再撮影し差し替え決定

関連キーワード斎藤工竹中直人ベッキー麻雀放浪記2020