水谷豊監督『轢き逃げ』新ポスター解禁&邦画初のドルビーシネマを採用

2019年3月20日 12:14

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

俳優・水谷豊の監督第2作目となる『轢き逃げ -最高の最悪な日-』の新ポスタービジュアルが解禁された。写真:『轢き逃げ -最高の最悪な日-』新ポスターカット

俳優・水谷豊の監督第2作目となる『轢き逃げ -最高の最悪な日-』の新ポスタービジュアルが解禁された。写真:『轢き逃げ -最高の最悪な日-』新ポスターカット[写真拡大]

写真の拡大

 俳優・水谷豊の監督第2作目となる『轢き逃げ -最高の最悪な日-』の新ポスタービジュアルが解禁された。また、邦画初のドルビーシネマを採用したことも同時に発表された。

 ・ 水谷豊監督第2作目『轢き逃げ』、手嶌葵が歌うテーマソング入り予告編解禁

 同作では、水谷が、監督・出演をするほか、初めて脚本を手がける。ある地方都市で起きた交通事故で1人の女性が命を落とし、轢き逃げ事件として捜査が始まる。加害者、被害者だけでなく、平穏な日常から否応なく事件に巻き込まれる人々が抱える心情、隠された思いが浮き彫りになっていくストーリーだ。

 今回新たに解禁されたポスタービジュアルでは、まるで涙を思わせるようなエフェクトの中、否応なく事件に巻き込まれていく、水谷や主演の中山麻聖の他、7人の出演陣の表情が描き出されている。また、本作では、邦画初のドルビーシネマも採用。最先端の光学・映像処理技術で、これまでより鮮やかでリアルな映像・サウンドを堪能できる。

 水谷は、「以前、会田(正裕)撮影監督から見せてもらった最新鋭の映像のことが頭から離れず、『いつか日本でも』という思いを持っていました。その思いを叶えてくれるドルビーシネマに幸運にも出会い、この作品が日本映画初となることを嬉しく思います。日本映画でもドルビーアトモスが導入されはじめ、本作のドルビービジョン採用から、ドルビーシネマの可能性を取り入れることで、日本映画の映像表現や未来が変わっていくと思います。観客も、より集中できる環境で映画を楽しめるようになれば、感じ方がより複雑になり、生々しく心に響くのではないかと期待しています」とコメントを寄せている。

 また、撮影を担当した会田監督は、「3、4年前にテスト用に撮ったHDR映像を、(水谷)監督にお見せした時から“何かが違う気がする”と。当時からHDR映像技術に対して、すごく興味を持っていました。普段の生活の中で、人は目と脳のセットで、ものを見ているのだけれど、暗闇の中で映画を観る時には、視覚的にあまり脳を使わずに観ている。ドルビービジョンは、肉眼で見るイメージの明るさなので、観客も、本物を見ているような感覚で、映画を観ることになる。3Dとは違って、いままで描き切れなかった深い暗部の表現をはじめ、作品世界に潜在的な幅を持たせることができるので、日常的な出来事を描いた本作には、非常にマッチしていると思います」とPRしている。

 『轢き逃げ -最高の最悪な日-』は、5月10日から全国公開となる。

【関連記事】

  水谷豊初監督! 40年間温め続けてきたタップへの夢描く『TAP』予告解禁
[動画]水谷豊監督2作目!手嶌葵の歌声が心にしみる映画『轢き逃げ -最高の最悪な日-』予告編
水谷豊、構想40年の初監督作に「届かない夢がこの年になって届いた!」
[動画]水谷豊が初監督作で40年間温め続けてきた題材を映像化/映画『TAP THE LAST SHOW』予告編

関連キーワード水谷豊轢き逃げ

広告

写真で見るニュース

  • 「十勝産とうきびのスープ」(写真:ローソンの発表資料より)
  • スタイラスペン「SonarPen」(画像: Makuakeより)
  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース