『ボヘミアン・ラプソディ』興収125億円突破で音楽・ミュージカル映画歴代1位に

2019年3月19日 12:27

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

11月9日に封切られ、空前の大ヒットとなっている映画『ボヘミアン・ラプソディ』が、公開19週目に入った3月17日に観客動員904万5749人、興行収入125億453万8480円を記録。写真:『ボヘミアン・ラプソディ』 (C) 2018 Twentieth Century Fox

11月9日に封切られ、空前の大ヒットとなっている映画『ボヘミアン・ラプソディ』が、公開19週目に入った3月17日に観客動員904万5749人、興行収入125億453万8480円を記録。写真:『ボヘミアン・ラプソディ』 (C) 2018 Twentieth Century Fox[写真拡大]

写真の拡大

 11月9日に封切られ、空前の大ヒットとなっている映画『ボヘミアン・ラプソディ』が、公開19週目に入った3月17日に観客動員904万5749人、興行収入125億453万8480円を記録。それまで音楽・ミュージカル映画としては日本歴代NO.1だった『美女と野獣』の興収124億円を上回り、歴代トップに躍り出たことがわかった。

 ・『ボヘミアン・ラプソディ』が最多4部門/第91回アカデミー賞受賞結果

 また、この週末の数字を受け、興行通信社が発表する日本の歴代興収ランキングで18位となっている。

 本作は伝説のバンド「クイーン」と、常識を打ち破り世界を変えたフレディ・マーキュリーの生き様を、魂に響く28の名曲と共に贈る感動作。2月24日(現地時間)に発表された第91回アカデミー賞では、主演男優賞、編集賞、録音賞、音響編集賞の最多4冠に輝いている。

【関連記事】

 『ボヘミアン・ラプソディ』興収116.6億円突破!『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』抜き歴代21位に!
[動画]俳優ラミ・マレックが〈クイーン〉フレディになるまで/『ボヘミアン・ラプソディ』メイキング映像
『ボヘミアン・ラプソディ』のアカデミー賞ノミネート数5部門に止まった4つの理由
『ボヘミアン〜』主演のラミ・マレックが、降板監督への不快感を露わに

関連キーワード美女と野獣アカデミー賞ボヘミアン・ラプソディ