草なぎ剛、ステージに立つことが元気の源!

2019年3月16日 19:05

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

俳優の草なぎ剛が3月16日、テアトル新宿にて行われた映画『まく子』公開記念舞台挨拶に山崎光、新音(にのん)、須藤理彩、鶴岡慧子監督と共に出席。写真:草なぎ剛

俳優の草なぎ剛が3月16日、テアトル新宿にて行われた映画『まく子』公開記念舞台挨拶に山崎光、新音(にのん)、須藤理彩、鶴岡慧子監督と共に出席。写真:草なぎ剛[写真拡大]

写真の拡大

 俳優の草なぎ剛が3月16日、テアトル新宿にて行われた映画『まく子』公開記念舞台挨拶に山崎光、新音(にのん)、須藤理彩、鶴岡慧子監督と共に出席。息子役の山崎から多くの影響を受けたことを明かした。

 ・映画『まく子』公開記念舞台挨拶、その他の写真

 本作は、直木賞作家・西加奈子の同名小説を、俊英・鶴岡慧子監督が映画化。ひなびた温泉街の旅館を舞台に、自分の体の変化に戸惑っている小学校5年生のサトシ(山崎)が、転校生の美しい女の子コズエ(新音)との出会いによって、成長していく姿を描いた再生と感動の物語だ。

 草なぎは劇中、家族を愛していながらも浮気をしてしまうダメな父親を演じているが、息子役の山崎や謎の美少女を演じた新音らとの共演は大きな刺激を受けたようで「山崎くんも新音ちゃんも、吸収率がすごく高い。一緒にお芝居をして学ぶことがいっぱいあった」と撮影を振り返る。さらに山崎とのシーンでは「お芝居ではお互い勝負だったので、サトシの変化に対して、僕も緊張感を持って臨みました。とてもいいシーンが撮れたと思います」と、子役ながらも1人の俳優としてしっかり向き合ったことを明かした。

 そんな山崎や新音に対して「これからもまた一緒にお仕事ができたらいいなと思っています」とエールを送ると「ちょうど1ヵ月前に完成披露試写会で会ったとき、(撮影のときよりも)2人が成長しているなと感じました。その分、僕らは年をとっているんですよね」とややさみしそうにつぶやく。

 それでも、草なぎは「この映画のコンセプトは人は死に向かって生きていくのですが、ただ朽ち果てるのではなく、どこか再生しながら生きていきたいということ。それが子どもたち2人のフィルターを通して大人が気づくんです」と、年をとることに対してポジティブなメッセージが詰まっていることを述べる。

 草なぎにとっては「舞台に立つこと」が元気の源だと語ると、「たくさんの作品を残して、みなさんに元気や笑いを撒いていきたい。僕もステージに立つことで元気になれるんです」と笑顔を見せていた。

【関連記事】

 草なぎ剛が女性にだらしないダメな父親を熱演!『まく子』特報解禁
[動画]草なぎ剛が不器用で愛おしい父親役/映画『まく子』特報
[動画]香取慎吾、TOKIOにエール!/稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が退所後初のCM共演
草なぎ剛、新CMメイキングで今後やってみたいこと、挑戦したいこと語る

関連キーワード草なぎ剛まく子

広告

写真で見るニュース

  • WAKAZEの定番商品ラインナップ(画像: WAKAZEの発表資料より)
  • 土星探査機カッシーニが明らかにしたタイタン北半球の海や湖 (c) NASA/JPL-Caltech/Univ. Arizona/Univ. Idaho
  • 「十勝産とうきびのスープ」(写真:ローソンの発表資料より)
  • スタイラスペン「SonarPen」(画像: Makuakeより)
  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース