豪ドル週間見通し:底堅い展開か、中銀議事要旨や雇用統計に注目

2019年3月16日 14:57

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:57JST 豪ドル週間見通し:底堅い展開か、中銀議事要旨や雇用統計に注目
■強含み、中国本土株式の堅調地合いなどが好感される

先週の豪ドル・円は強含み。豪ドル金利の先高観は後退したが、ユーロ買い・円売りの取引が増えたこと、米長期金利の低下、中国本土株式の堅調推移などを意識して、リスク選好的な豪ドル買い・円売りが優勢となった。取引レンジ:77円91銭-79円25銭。

■底堅い展開か、中銀議事要旨や雇用統計に注目

今週の豪ドル・円は底堅い展開か。豪準備銀行(中央銀行)の3月理事会議事要旨の発表があるが、金融政策の中立スタンスが再確認されるとみられ、豪ドルは買いづらい。一方、中銀が同理事会での声明で「労働市場は引き続き力強い」と指摘するなか、2月雇用統計の発表が注目される。

○発表予定の豪主要経済指標・注目イベント
・19日:豪準備銀行の3月理事会議事要旨
・21日:2月雇用統計(1月:失業率5.0%、雇用者数増減+3.91万人)

予想レンジ:78円00銭-81円00銭《FA》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • ブランチ札幌月寒のイメージ(画像: 大和リース発表資料より)
  • 木星衝突目前のシューメーカー・レヴィ第9彗星 (c) NASA
  • ブラング エア パフュームディフューザー(カーメイトの発表資料より)
  • 渦巻銀河NGC3147のブラックホールに存在する降着円盤の想像図 (c) NASA, ESA, S. Bianchi (Università degli Studi Roma Tre University), A. Laor (Technion-Israel Institute of Technology), and M. Chiaberge (ESA, STScI, and JHU); illustration: NASA, ESA, and A. Feild and L. Hustak (STScI)
  • イオンモール上尾のイメージ(イオンモール発表資料より)
  • Nintendo Switch Lite イエロー。(画像:任天堂発表資料より)
  • 機体左側のイメージ(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース