米国株見通し:世界的な景気持ち直し期待浮上

2019年3月15日 18:25

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:25JST 米国株見通し:世界的な景気持ち直し期待浮上
S&P500先物  2820.25(+ 8.00) (18:10現在)
ナスダック100先物  7297.50(+30.25) (18:10現在)


 18時10分時点のグローベックス米株式先物市場で、S&P500先物とナスダック100先物は堅調推移。NYダウ先物は70ドル高程度で推移している。欧州株式市場は全面高。時間外取引のNY原油先物は前日比0.20ドルほどの上昇で推移。こうした流れを受け、15日の米株式市場は買い先行で始まりそうだ。


 「中国の副首相と米国の通商代表・財務長官が電話で会談し、通商協議でさらに大幅な進展」との報道。また、中国の全人代閉幕にあたり李首相が「経済の下振れ圧力に対して強力な措置を講じる必要」、「経済成長支援に預金準備率や金利の活用が可能」などと述べたことが好感され、世界的な景気持ち直し期待が浮上している。NY原油先物は、需要回復思惑による買い優勢の展開が見込まれる。


 本日発表となる米経済指標は、3月NY連銀製造業景気指数、2月鉱工業生産、3月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値など。どれもが前月を上回ると予想されており、株式市場にはポジティブな材料となる可能性がある。《KK》

広告

財経アクセスランキング