Cboe、ビットコイン先物の追加を一時見送りへ【フィスコ・ビットコインニュース】

2019年3月15日 16:24

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:24JST Cboe、ビットコイン先物の追加を一時見送りへ【フィスコ・ビットコインニュース】
米大手のデリバティブ取引所であるCboe(シカゴオプション取引所)が米時間14日、3月に提供する先物取引に、ビットコイン先物商品の提供を行わない方針であることを発表した。2017年12月から提供を続けていたCboeのビットコイン先物が一時的に終了することになる。

「CFE(Cboe先物取引所)はCboeのビットコイン先物取引契約(XBT)を、2019年3月の先物提供で行わない。現在、デジタル資産(仮想通貨)のデリバティブをどのように提供していくかを検討している。次のステップを考えるまでの期間は、CFEはXBT(ビットコイン)先物取引を追加しない方針だ。なお現在取引されているビットコイン先物取引は引き続き取引される。」

上記で記載されている通り、Cboeはビットコイン先物取引は、現在取引されている3つの先物契約を継続する意向を示しており、6月期の先物取引までは取引を行う方針だ。

Cboeが提供を開始したXBT先物契約は米国における初めてビットコイン先物取引だったが、競合するCMEに出来高で遅れをとっていた点が、CboeのXBT提供の検討に至ったとの見方もある。

CMEの月間出来高はコンスタントにCboeの取引量を上回っており、Cboeは2018年5月から継続して10億ドルを下回っていた。

出来高は現状減少傾向にあったため、市場への影響は大きいとは見られていないが、伝統的なデリバティブ取引所でのビットコイン先物提供が一時的に見送られる点は、業界において大きなニュースとなるだろう。

(記事提供:コインポスト)《SI》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 子供や初心者も安全に楽しめるスマートフェンシング(写真:大日本印刷の発表資料より)
  • 新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ハーゲンダッツ トラベリングショップのイメージ。(画像:ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース