スパークス G 急騰、22日から東証1部に市場変更/新興市場スナップショット

2019年3月15日 13:03

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:03JST <8739> スパークス G 236 +32
急騰。東証の承認を受け、22日から1部に市場変更すると発表している。同社は、「今後も企業価値を継続的に高め、ミッションを実現できるよう努める」とコメントしている。東証1部上場を受け、4月末からTOPIX(東証株価指数)の構成銘柄に組み入れられる。このため、パッシブファンドなどの需要を期待して投資資金が流入している。株価が一時200日移動平均線を上回ったことも買いにつながったようだ。《US》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
 

広告

ピックアップ 注目ニュース