後場に注目すべき3つのポイント~日中値幅は出るがこう着ムード変わらずか

2019年3月15日 12:50

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*12:50JST 後場に注目すべき3つのポイント~日中値幅は出るがこう着ムード変わらずか
14日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

・日経平均は3日ぶり大幅反発、日中値幅は出るがこう着ムード変わらずか
・ドル・円は111円台後半で推移、日本銀行は景気の情勢判断を下方修正
・値上がり寄与トップは東エレク<8035>、同2位はファナック<6954>


■日経平均は3日ぶり大幅反発、日中値幅は出るがこう着ムード変わらずか

日経平均は3日ぶり大幅反発。217.71円高の21504.73円(出来高概算5億3000万株)で前
場の取引を終えている。14日の米株式市場でNYダウは7ドル高と小幅に続伸。アップルなどが買われたものの、中国の2月鉱工業生産が予想を下振れしたため、世界経済への減速懸念が相場の重しとなった。貿易摩擦を巡る米中首脳会談の開催が4月以降に延期されたほか、英議会で欧州連合(EU)離脱期限延長案が可決されたことで、今後の展開を見極めたいなどとの思惑もあった。ただ、朝方から為替相場がやや円安方向に振れたことを受け、本日の日経平均は89円高からスタート。景気刺激策に期待した中国株の値上がりなども追い風となり、前引けにかけて21521.68円(234.66円高)まで上昇する場面があった。東証1部の値上がり銘柄は全体の8割強となっている。

個別では、任天堂<7974>が売買代金トップで2%超の上昇。東エレク<8035>や安川電<6506>が4%前後上昇するなど、半導体関連や中国関連株も買われた。その他売買代金上位ではソフトバンクG<9984>、ソニー<6758>、米国での投資拡大を発表したトヨタ自<7203>などがしっかり。決算発表のアスクル<2678>は急反発。また、三井ハイテク<6966>やソルクシーズ<4284>はストップ高水準で前場の取引を終えた。一方、キーエンス<6861>が軟調で、オムロン<6645>、村田製<6981>、ファーストリテ<9983>は小安い。オムロンは引けにかけて日経平均採用に伴う買い需要が発生する見込みだが、既に株価に織り込み済みとの見方から利益確定売りに押されている。また、決算がネガティブ視されたヤーマン<6630>や鎌倉新書<6184>は売りがかさみ、東証1部下落率上位に顔を出した。セクターでは、全33業種がプラスとなり、鉱業、繊維製品、医薬品、化学、精密機器が上昇率上位だった。

■ドル・円は111円台後半で推移、日本銀行は景気の情勢判断を下方修正

15日午前の東京市場でドル・円はやや底堅い動きを見せた。日本銀行は15日に開いた金融政策決定会合で、現行の長短金利操作の維持を賛成多数で決定したが、輸出、海外経済、鉱工業生産についての判断を下方修正することを決めた。景気の情勢判断を下方修正することは想定の範囲内だったが、金融緩和策をすみやかに強化するとの見方は後退し、リスク選好的なドル買いはやや一服した。

午前中のドル・円は111円63銭から111円90銭で推移。ユーロ・円は、126円18銭から126円57銭、ユーロ・ドルは、1.1300ドルから1.1323ドルで推移している。


■後場のチェック銘柄

・ソルクシーズ<4284>、三井ハイテク<6966>など、6銘柄がストップ高

※一時ストップ高・安(気配値)を含みます

・値上がり寄与トップは東エレク<8035>、同2位はファナック<6954>


■経済指標・要人発言

【要人発言】

・日本銀行
「先行き当面海外経済減速の影響受けるも緩やかな拡大を続ける」
「輸出、海外経済、鉱工業生産についての判断を下方修正」
「政策金利のフォワードガイダンスを維持することを決定」
「国債保有残高80兆円の増加ペースの目途を据え置くことを決定」


<国内>
・15:30 黒田日銀総裁会見

<海外>
特になし《DM》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
 

広告

ピックアップ 注目ニュース