日中値幅は出るがこう着ムード変わらずか/後場の投資戦略

2019年3月15日 12:20

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;21504.73;+217.71TOPIX;1605.48;+17.19

[後場の投資戦略]

 日経平均は円安や中国株高を支援材料として上げ幅を広げ、200円を超える上昇で前場を折り返した。日足チャート上では25日移動平均線がサポートとして機能しており、短期的な押し目買いの動きも誘いやすかったとみられる。さらにチャートからは、このところ日中値幅がまずまず大きい一方で、21000円台前半から半ばでこう着感を強めつつあることも見て取れる。3月期末を前に配当権利取りの動きが下値を支える一方、売り方の買い戻しに一巡感が出てきたほか、金融機関による保有株売却観測も聞かれ、上値の重しになっているようだ。目先は海外情勢に一喜一憂しつつ、現行水準で一進一退の展開が続くことが想定される。

 新興市場では東証1部への市場変更を発表したスパークスG<8739>が急伸し、本日上場のカオナビ<4435>も買いが殺到するなど、引き続き個人投資家の中小型株に対する物色意欲は強い。しかし、やはり買い一方向には傾きづらいようでマザーズ指数は続落、日経ジャスダック平均は3日ぶり反発とまちまち。短期の値幅取り狙いの個別物色で当面をしのぐ格好となりそうだ。(小林大純)《AK》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
 

広告

ピックアップ 注目ニュース