スリー・ディー・マトリックス 3Qは増収、2月の月次売上は過去最高を更新

2019年3月15日 12:28

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*12:28JST スリー・ディー・マトリックス---3Qは増収、2月の月次売上は過去最高を更新
スリー・ディー・マトリックス<7777>は14日、2019年4月期第3四半期(18年5月-19年1月)連結決算を発表した。事業収益が前年同期比16.0%増の1.93億円、営業損失が16.37億円(前年同期は13.53億円の損失)、経常損失が17.93億円(同12.09億円の損失)、親会社株主に帰属する四半期純損失が18.96億円(同12.81億円の損失)となった。

欧州はドイツ、フランス、英国等の主要国を含めたヨーロッパ全域で、有力医療施設をターゲットに代理店(各国別で販売に特化した販売代理店)を通じた製品販売を開始し、第3四半期累計の製品販売は1.23億円と前年同期比118%拡大している。ドイツでの販売は大手体外診断用医薬品メーカーのWERFENグループ(ドイツでの代理店はニコライ社)により販売が拡大し、中東地域での販売も開始した。

アジア、オセアニアについて、主要市場であるオーストラリアでは、大手医療機器のゲティンゲグループを通じた製品販売をしており、第3四半期累計の製品販売は0.66億円と前年同期比114%となった。シドニーやメルボルンの医療機関での使用実績は引き続き堅調に推移した。2018年10月にゲティンゲグループのバイオサージェリー部門が中国ヘルスケア企業に売却されたことにより、同グループとの販売代理契約は終了し直販体制となる。それにより2019年2月の月次売上は過去最高を更新した。

2019年4月期通期の連結業績予想については、事業収益が前期比124.0%~1,020.7%増の5.12億円~25.62億円、営業損益が22.17億円の損失から2.03億円の利益、経常損益が22.17億円の損失から2.03億円の利益、親会社株主に帰属する当期純損益が22.42億円の損失から1.78億円の利益とする期初計画を据え置いている。《SF》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
 

広告

ピックアップ 注目ニュース