【株式市場】英国のEU離脱延期など好感され日経平均は一時217円高まで上げ材料株も強い

2019年3月15日 12:19

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

◆日経平均は2万1504円73銭(217円71銭高)、TOPIXは1605.48ポイント(17.19ポイント高)、出来高概算(東証1部)は5億3321万株

 3月15日(金)前場の東京株式市場は、日経平均が89円高で始まった後ジリ高基調となり、11時過ぎには234円66銭高(2万1521円68銭)まで上げた。明け方、英国議会がEU離脱の条件付き延期を可決と伝えられ、トヨタ自動車<7203>(東1)などには指数連動型の買いもあった模様。東レ<3402>(東1)は「生体追従性・吸収性のある再生医療用革新ポリマー」などが注目されて高い。日経平均の前引けは217円71銭高(2万1504円73銭)となった。東証2部指数、日経JASDAQ平均も高いが、マザーズ指数は安い。

 プレミアグループ<7199>(東1)が楽天銀行などとの新たな資金調達スキームの発表などを材料に活況高となり、ストリーム<3071>(東2)は14日発表の1月決算で今期見通しを大幅な黒字転換としたためストップ高。レアジョブ<6096>(東マ)は文科省の「遠隔教育システム導入実証研究事業」への参画などが材料視されて連日大幅高。Eストアー<4304>(JQS)は発行株数の8.14%に相当する自社株買いを実施した効果が出てきたとの見方で続伸。

 15日、新規上場となったカオナビ<4435>(東マ)は前場、買い気配のまま初値が付かず、前引けは公開価格1980円を97%上回る3905円で買い気配。

 東証1部の出来高概算は5億3221万株、売買代金は9089億円。1部上場2136銘柄のうち、値上がり銘柄数は1758銘柄、値下がり銘柄数は297銘柄となった。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ヒーハイスト精工は調整一巡して反発期待、19年3月期2Q累計減益だが進捗率順調(2018/11/15)
プロレド・パートナーズは、18年10月期大幅増益で成長続く、7000円割れを下値に上値試す(2018/11/01)
ラ・アトレは出直り期待、18年12月期利益・配当予想を上方修正(2018/11/15)
リーガル不動産は総合不動産開発企業として業容拡大、下値に買い入る(2018/10/31)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース