アスクル 急反発、第3四半期減益決算も来期回復への期待は高まる

2019年3月15日 10:48

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:48JST アスクル---急反発、第3四半期減益決算も来期回復への期待は高まる
アスクル<2678>は急反発。前日に第3四半期の決算を発表、累計営業利益は24億円で前年同期比38%減益となった。12-2月期では14億円で同14%減益、コンセンサス水準は下振れているが、ほぼ市場想定の範囲内と捉えられているもよう。通期会社計画60億円は未達の可能性が高まったものの、織り込み済みのようだ。足元でLAHACOの限界利益が黒字化していること、自社配送比率の高まりなど、来年度の収益改善期待は高まる方向のようだ。《US》

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース