スパークス・グループは東証1部への市場変更承認が好感されて急伸

2019年3月15日 10:36

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■3月22日の売買から東京証券取引所市場第一部に

 スパークス・グループ<8739>(JQS)は3月15日、急伸し、一時19%高の242円(38円高)まで上げた。14日の夕方、「東京証券取引所市場第一部への上場市場変更承認に関するお知らせ」を発表し、材料視された。

 2019年3月22日の売買から東京証券取引所市場第一部(東証1部)に市場変更になる。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ヒーハイスト精工は調整一巡して反発期待、19年3月期2Q累計減益だが進捗率順調(2018/11/15)
プロレド・パートナーズは、18年10月期大幅増益で成長続く、7000円割れを下値に上値試す(2018/11/01)
ラ・アトレは出直り期待、18年12月期利益・配当予想を上方修正(2018/11/15)
リーガル不動産は総合不動産開発企業として業容拡大、下値に買い入る(2018/10/31)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース