石川製作所が一段高となり北のミサイル「発射準備か」との報道を材料視

2019年3月11日 09:35

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■全体相場が調整含みとあって絶好の思惑材料株になった様子

 石川製作所<6208>(東1)は3月11日、買い気配のまま一段高となり、9時15分に12%高の1860円(205円高)で始値をつけ、東証1部銘柄の値上がり率トップに躍り出た。防衛産業関連株の代表格のイメージがあり、「北朝鮮、ミサイル発射準備か=製造施設でも動き-米専門家」(時事通信3月9日21時04分)などと伝えられ、思惑買いが拡大した。

 11日も高く終われば6日続伸になる。このところは、北朝鮮でミサイル関連施設を再建する動きがあるとの報道や、中国の軍事費の拡大が材料視されてきた。全体相場が調整含みのため、格好の思惑材料株になっている。豊和工業<6203>(東1)や日本アビオニクス<6946>(東2)なども高い。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ヒーハイスト精工は調整一巡して反発期待、19年3月期2Q累計減益だが進捗率順調(2018/11/15)
プロレド・パートナーズは、18年10月期大幅増益で成長続く、7000円割れを下値に上値試す(2018/11/01)
ラ・アトレは出直り期待、18年12月期利益・配当予想を上方修正(2018/11/15)
リーガル不動産は総合不動産開発企業として業容拡大、下値に買い入る(2018/10/31)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース