ティム・バートン監督&コリン・ファレルが『ダンボ』引っさげ来日

2019年2月28日 14:02

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

ティム・バートン監督とコリン・ファレルが、『ダンボ』のプロモーションのため来日することが決定。写真:コリン・ファレル(写真上)とティム・バートン監督(同下) (C) 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved

ティム・バートン監督とコリン・ファレルが、『ダンボ』のプロモーションのため来日することが決定。写真:コリン・ファレル(写真上)とティム・バートン監督(同下) (C) 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved[写真拡大]

写真の拡大

 ティム・バートン監督とコリン・ファレルが、『ダンボ』のプロモーションのため来日することが決定。3月14日に実施するジャパンプレミアへ登壇予定となっている。

 ・[動画]映画『ダンボ』予告編

 本作は、『シザーハンズ』『チャーリーとチョコレート工場』 『アリス・イン・ワンダーランド』などで強い個性を持つキャラクターを描いてきたバートン監督がメガホンをとり、世界中から今なお愛され続けているディズニーの同名長編アニメーション映画を、全く新しい物語として実写化したもの。

 大きすぎる耳をもつ子象のダンボは、その耳のせいで観客の笑いものにされてしまうが、やがて、大きな耳を翼にして空を飛べるようになる。だが、金儲けを企む興行師によって母象と引き離されてしまうことに。落ち込むダンボだったが、ダンボの姿に勇気づけられたサーカス団の仲間とともに、母象の救出に挑むことになる。

 ファレルが演じるのは、ダンボを助けその運命を握るキーマンとなるサーカス団の元看板スターのホルト役。ファレルの来日は14年1ヵ月ぶりとなる。一方、親日家として知られるバートン監督の来日は、映画のプロモーションとしては2年1ヵ月ぶりで 「3月にコリンと一緒に大好きな日本へ行くことになったんだ。マッテテネ!」とのコメントを寄せている。

 『ダンボ』は3月29日より全国公開となる。

【関連記事】

 ティム・バートンが実写化!映画『ダンボ』特報&ティザーポスター解禁
ダンボが空飛ぶ理由が明らかに!『ダンボ』予告編解禁
つぶらな瞳に癒やされる!実写映画『ダンボ』日本版ポスタービジュアル解禁
ダンボと個性豊かな登場人物たちのキャラクタービジュアル解禁!

関連キーワードジャパンプレミアディズニーダンボ

広告

広告

写真で見るニュース

  • 日野セレガ スーパーハイデッカ。(画像:日野自動車発表資料より)
  • ボーイング777F型機(画像: 全日本空輸の発表資料より)
  • 「LIVE QR(ライブ・キューアール)」の画面イメージ。(画像: ボードウォークの発表資料より)
  • 2012年8月31日に起こったコロナ質量放出の様子。(c) NASA's Goddard Space Flight Center
  • アルト 40周年記念特別仕様車 Lリミテッド。(画像:スズキ発表資料より)
  • PCエンジンミニ、本体イメージ。(c)Konami Digital Entertainment
  • 「ドラゴンクエストウォーク」の画面イメージ。(画像: スクウェア・エニックスの発表資料より)
  • 「レモンのタルト12cm」(写真:大丸松坂屋百貨店の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース