うかいが再び出直る、西日本で初の常設店「アトリエうかい阪急うめだ本店」を発表

2019年2月27日 15:18

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

うかい<7621>(JQS)は2月27日の後場、3100円(20円高)で売買され、再び出直った。

うかい<7621>(JQS)は2月27日の後場、3100円(20円高)で売買され、再び出直った。[写真拡大]

写真の拡大

■懐石や割烹、鉄板料理など高級レストランで供する食後のプティフール(小菓子)など展開

 うかい<7621>(JQS)は2月27日の後場、3100円(20円高)で売買され、再び出直った。同日付で、西日本で初の常設店舗となる「アトリエうかい阪急うめだ本店」の新規出店を発表し、期待が集まった。

 懐石料理の「うかい竹亭」や割烹料理の「銀座kappou ukai」、鉄板料理の「銀座うかい亭」などの高級料理店を展開し、来る4月17日(予定)には、うかいグループの洋菓子店「アトリエうかい」を阪急うめだ本店(大阪市北区)にオープンする。

 「アトリエうかい」は、高級レストランでの感動と余韻をご家庭へ、をコンセプトに掲げて誕生した洋菓子店で、定番商品の「フールセック」は、鉄板料理店「うかい亭」で提供している食後のプティフール(小菓子)が評判となり商品化された。今後は「アトリエうかい 阪急うめだ本店」限定クッキーも販売する予定とした。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【小倉正男の経済コラム】「キャスター」VS「SNS」、正義は独占できない(2018/11/10)
スリープロはレンジ下限水準から続伸、3Q高利益進捗率業績を見直し決算発表に期待を高め下げ過ぎ訂正(2018/11/06)
トレジャー・ファクトリーは調整一巡感、19年2月期予想に上振れ余地(2018/11/09)
LTSは続落も3Q決算発表を前に年平均利益成長率19.9%を手掛かりに押し目買い好機(2018/10/23)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告