北原里英主演、としまえんの呪いを映画化した最恐ホラーの予告編解禁

2019年2月22日 13:40

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

北原里英主演で「としまえん」の都市伝説をまさかの映画化した『映画 としまえん』。写真:『映画 としまえん』ポスタービジュアル (C) 2019 東映ビデオ

北原里英主演で「としまえん」の都市伝説をまさかの映画化した『映画 としまえん』。写真:『映画 としまえん』ポスタービジュアル (C) 2019 東映ビデオ[写真拡大]

写真の拡大

 北原里英主演で「としまえん」の都市伝説をまさかの映画化した『映画 としまえん』。このホラーの最恐ポスタービジュアルと予告編が解禁となった。

 ・『映画 としまえん』場面写真

 舞台は首都圏有数の規模を誇る老舗遊園地「としまえん」。多くの家族連れで賑わいを見せる一方、ネット上では、まことしやかにある噂が囁かれている。そんな都市伝説を、本家本元としまえんの全面協力のもと、まさかの映画化したのが本作だ。

 人を乗せずに回り続ける不気味な回転木馬、園内の奥深くに実在するお化け屋敷など、シーンの90%以上をとしまえんで撮影。北原をはじめ、小島藤子、浅川梨奈、松田るか、さいとうなり、小宮有紗らが出演している。

 主人公は大学生の早希(北原里英)。彼女はある日、高校時代に仲の良かった女友だち数人と、かつてよく遊びに行ったとしまえんを訪れる。ネットで噂になっていた「としまえんの呪い」があるという古い洋館を見つけた早希たちは、冗談半分で噂を試すが、その直後から恐ろしい現象が次々と起こり、一緒に来ていたメンバーが1人、また1人と消えていく。仲間たちを必死に探すうちに早希は、呪いが誕生した、恐ろしい過去の秘密を知ってしまう。

 解禁となった予告編は、おどろおどろしい音楽とともにスタート。「首都圏有数の規模を誇る遊園地。各種のアミューズメント施設や夏のプールなどがあり、都会のオアシスとなっている、歴史ある遊園地として有名だが、とある噂がささやかれている……」という説明テロップの後、北原ら仲良しグループが、としまえんの招待券を手に同遊園地を訪れるシーンが幕開け。

 そうした中、彼女たちの間で「としまえんの呪い」についての話が。「1、古い洋館の扉を叩くな」「2、お化け屋敷で返事をするな」「3、秘密の鏡をのぞくな」。「ただの噂でしょう」と侮りながら、試しに扉を叩いてみると……。軽い気持ちで始まった冒険が、一転、次々と襲いかかる恐怖へと変貌していく。はたして、彼女たちの運命は?

 『映画 としまえん』は5月10日よりユナイテッドシネマ・としまえんほかにて全国公開となる。

【関連記事】

 [動画]解禁となった『映画 としまえん』予告編
[動画]NGT48北原里英、拉致・監禁・フルボッコの体当たり演技!/映画『サニー/32』予告編
[動画]実在する精神病院の廃墟を舞台としたコリアンホラー/映画『コンジアム』予告編
[動画]『お化け屋敷列伝/戦慄迷宮MAX』予告編

関連キーワード浅川梨奈北原里英

広告

写真で見るニュース

  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
 

広告

ピックアップ 注目ニュース