AMBITIONは「あどばる社」と資本業務提携

2019年2月19日 09:24

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

◆「レンタルスペース」の開発・管理・運営を行うスペースマネジメント事業を展開

 AMBITION<3030>(東マ)は空間シェアリングビジネス No.1 企業のビジョンをかかげる株式会社あどばる(本社:東京都渋谷区以下「あどばる社」)との資本業務提携を発表した。

 AMBITIONは、東京23区中心の不動産コミュニティーデベロッパーで、マンションサブリースのプロパティマネジメント事業、および投資用マンション開発・販売のインベスト事業(17年10月子会社化したヴェリタス・インベストメント)を主力として、賃貸仲介、少額短期保険、民泊などの不動産関連事業も展開している。

 あどばる社は、パーティー、会議、撮影、イベント、宿泊(民泊新法施行後の民泊施設含む)等の用途で不動産を時間貸しする「レンタルスペース」の開発・管理・運営を行うスペースマネジメント事業を展開している。また、不動産のサブリース事業も展開し、その店舗数は合計で174店舗(平成30年12月時点)。さらに、飲食店専門・居抜き物件検索サイト「ぶけなび」等のWEBサービスを運営している。

 今回の資本業務提携で、不動産サービスの拡充が実現することで、事業の拡大が予想される。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【小倉正男の経済コラム】「キャスター」VS「SNS」、正義は独占できない(2018/11/10)
スリープロはレンジ下限水準から続伸、3Q高利益進捗率業績を見直し決算発表に期待を高め下げ過ぎ訂正(2018/11/06)
トレジャー・ファクトリーは調整一巡感、19年2月期予想に上振れ余地(2018/11/09)
LTSは続落も3Q決算発表を前に年平均利益成長率19.9%を手掛かりに押し目買い好機(2018/10/23)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース