ブリヂス 大幅反発、大規模な自社株買いの実施発表を好材料視

2019年2月18日 11:01

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*11:01JST ブリヂス---大幅反発、大規模な自社株買いの実施発表を好材料視
ブリヂス<5108>は大幅反発。先週末に前12月期の決算を発表している。営業利益は4027億円で前期比3.9%減益、従来計画の4100億円はやや未達に終わった。今期は4100億円で同1.8%増の計画、為替前提をやや保守的においているほか、償却費負担が想定以上で、市場予想の4400億円レベルを下回っている。ただ、同時に発行済み株式数の7.6%に当たる5700万株、2000億円を上限とする自社株買いを発表しており、需給インパクトへの期待感が先行。《US》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
  • フルーツ ヨーグルト ブラン。(画像:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース