Unicode 12.0で追加される絵文字59種が発表

2019年2月13日 09:30

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Unicode Consortiumがブログにて、2019年に策定予定のUnicode 12.0にて新たに採用される絵文字(Emoji 12.0)の発表を知らせている。

 Emoji 12.0では新たに「機械の腕」「聴覚障害者」「手を繋ぐ人々」「カワウソ」「ワッフル」「角氷」「環のある星」「滴る血」といった59の絵文字が追加される。追加された絵文字の一覧はEmojipediaで確認できる。

 なお、性別や肌色などが異なる「バリアント」も含まれているため、新たに利用可能になる絵文字は合計で230文字になるそうだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | IT

 関連ストーリー:
米水族館、Appleの絵文字はイカが裏表逆だと指摘 2018年12月08日
Apple、ベーグルの絵文字にクリームチーズを追加 2018年10月19日
Unicode 12.0の絵文字候補、性別と肌色の組み合わせだけで100種以上に 2018年08月12日
絵文字のピストル、水鉄砲化が進む 2018年04月29日
Apple、盲導犬や補聴器、車いすなどの絵文字を提案 2018年03月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード障害者

広告